高橋克典の名言

高橋克典のプロフィール

高橋克典
作品一覧

高橋克典(たかはし かつのり/1964年12月15日-/男性)は、神奈川県横浜市出身の俳優。妻は元ファッションモデル「中西ハンナ」、父は指揮者・高校教師「高橋勝司」、母は声楽家「高橋好子」。1980年にテレビドラマ「ピーマン白書」で俳優デビューし、1989年に映画「六本木バナナ・ボーイズ」で映画初出演。1999年から始まったドラマ「サラリーマン金太郎」シリーズでは主演の矢島金太郎役を演じ、高い評価を獲得する。その後もドラマ「特命係長・只野仁」シリーズの主演を演じるなど、男気溢れるサラリーマン役で高い人気を集めている人物。また、1993年に「抱きしめたい」で歌手デビューも果たしており、ドラマやTV番組などのタイアップ曲を中心に作品を発表している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+朝日新聞どらく)

出演作品

主な出演作品(ドラマ)に「サラリーマン金太郎シリーズ」「点と線」「特命係長・只野仁シリーズ」「課長 島耕作」「黄昏流星群~星降るホテル~」「広域警察シリーズ」「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」「オトコの子育て」「ガチバカ!」「女系家族」「バツ彼」「年下の男」「傷だらけのラブソング」「FACE~見知らぬ恋人~」「金曜日の恋人たちへ」「あきまへんで!」「ランデヴー」「イヴ」「君が人生の時」「ピュア」「ベストフレンド」「FOR YOU」「上を向いて歩こう!」など多数。

高橋克典の名言集

「視聴者が自分もこんな風に
生きてみたい」
と感じる男の「気概」を見せたい。

必ずしも人は
年齢では計れませんが、
年を重ねるということは、
多様な経験を積み、
物事にさまざまな解釈が
できるようになることだと思うんです。

たとえば、きゃぴきゃぴとした
若い女の子の旬の時期って、
僕も好きですけど、それがすべてではない。

それにその時期はとっても短くて、
実は女性の人生において
「おばさん」の時期の方が長い。

だからいかにステキな大人になっていくか、
言い換えると、年を重ねながら
どんな「女」になっていくか。
これは男も一緒です。

男ってプライドや気概だけで、
生きているところがあるじゃないですか。

女性と比べて
直接的な人類継承能力がないから、
プライドでしか生きられない。

僕の両親も教師だったけど、
今の世でどんなことを言って
教師は人を育てるのか興味あるんですよ。

僕は自分が認める教師の言うことしか
聞かなかった。

たとえばただ「並べ」と言われても、
その理由がわからないと
納得できないみたいな。

何事も何のためというモチベーションが
わからないとやる気が出ないので、
子どもが学校でその点を学べるといいですね。

毎日を無駄にせず生きていけば、
少なくとも後悔するような人生には
ならないんじゃないかな。

ずっと遠くが見えないときは、
一歩先を見て歩き続ければいい。

好きなことを趣味にとっておく
という生き方もあるけれど、
僕は好きなことを仕事にしたい
と思ってきた。

リスクはあるけれど、
逃げてない気がするんですよ。

やっぱり好きなことを仕事にすると
情熱を傾けられるし。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る