菊田早苗の名言

菊田早苗のプロフィール

菊田早苗
書籍一覧

菊田早苗(きくた さなえ/1971年9月10日-/男性)は、東京都練馬区出身の総合格闘家。元ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシスト。小学校6年の時に佐山聡のタイガージムに入門。学生時代に柔道を経験し、新日本プロレスやUWFインターナショナルを経て渡豪。オーストラリアでキックボクシングを習った後、帰国後アマチュアシュートボクシング全国大会重量級を制し、総合格闘技大会トーナメント・オブ・Jで連覇、2001年にはアブダビコンバット(88kg未満級)で日本人初の優勝を果たし、第2代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラス王座を獲得。2002年にGRABAKAジムを東京都中野区に設立。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

菊田早苗の名言集

24歳で格闘技を仕事にすると決めたとき、
「今さら遅い」「やめておけ」
って言う人が多かったんです。

でも、人になんと言われても、
1%でも可能性があるなら、
やめてはいけないと思いました。

流されるように毎日を送り、
後悔しながら生きていくくらいなら、
その日その日を精いっぱい
好きなことをやって生きていたい。

高いレベルで
ずっと戦い続けるためには、
何が必要か。

もっとお金がほしい。異性にもてたい。
そんなモチベーションでは
乗り越えられない壁があるんです。

イチローや松井秀喜は
すでに色んなものを
手に入れているけれど、
それでもさらに上を目指してる。

その仕事が好きなんだろうね。
それが一流なんです。

後輩には自分のつらそうなところは
絶対に見せない。
自分自身を追い込んでいるところも。

楽しんでいるようにしか見えないのに、
自分に課したノルマをきっちりと果たしている
そんなプロでありたい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る