関根千佳の名言

関根千佳のプロフィール

関根千佳
著書一覧

関根千佳(せきね ちか)は、長崎県佐世保市出身の実業家。株式会社ユーディット代表取締役。九州大学法学部法律学科を卒業後、日本IBMにSEとして入社。IBMを休職して米国ロサンゼルスに約2年間滞在した後、1993年にトップに直訴し、IBM SNS(スペシャルニーズシステム)センターを開設。1998年に独立し、株式会社ユーディットを設立。内閣府、総務省、経済産業省、国土交通省など各省庁や自治体の審議会委員を歴任した他、美作大学客員教授、東京女子大学、新潟医療福祉大学等の非常勤講師なども務めている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+ユーディット公式サイト)

著書

主な著書に「ユニバ-サルデザインのちから 社会人のためのUD入門」「スローなユビキタスライフ」「「誰でも社会」へ デジタル時代のユニバ-サルデザイン」などがある。

関根千佳の名言集

どんな人生を送っていたって、
挫折することはあるんだし、

そこから、どうやって
立ち直ってゆけるかが大事。

人生、落ち込みと
立ち直りのくりかえし。

自分が社会に対して何を提案したいのか、
どんな課題をどうやって解決したいから
起業するのか。

その「思い」がなかったら、
どんなにお金や人脈があっても、
立派な事業計画があっても、
会社は続かない。

仕事そのものが社会貢献である
というケースこそ、
社会に本当に必要とされ、
長続きする企業なのかもしれません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る