ブライアン・トレーシーの名言 第2集

ブライアン・トレーシーの名言2

ブライアン・トレーシー

カナダ出身の自己啓発作家、モチベーション・コーチ、経営コンサルタント「ブライアン・トレーシー」の名言 第2集をお楽しみください。

ブライアン・トレーシーの名言集

「80対20の法則」とは
仕事全体のうち
上位20%の効率のいい業務が
収益全体の80%を
生み出すという法則だ。

あなたも
すべての仕事の成果を
お金に換算してみてほしい。

効率のいい
上位20%の仕事が
すべての仕事の
80%以上の価値を
生み出しているはずです。

「成果の80%以上を生み出す
上位20%の仕事とは
何だろう?」

この質問に答えを出したら
たった今から
「もっとも対価が高い仕事」や
「もっとも重要な
成果を生み出す仕事」に

より多くの時間を
費やすことにしよう。

次に、あなたの業績には
ほとんど貢献しない
「非効率な下位80%の仕事」
を選別しよう。

そして下位80%の
業務については、

できるだけすみやかに
事業規模を縮小するか
外部に委託するか
業務を終了するかの
決断をしてほしい。

この働きかたを貫くと
生産性が高まって
生産量が増え業績が伸びる。

ついには報酬も増え
やがてあなたの収入は
倍増する。
それだけでは終わらない。

あなたは以前より
高い仕事を多くこなし
もっと成果をあげられる。

仕事上の評価が高まり
周囲の人からの尊敬も
集めることも出来る。

利益効率の悪い仕事に
自分の時間のほとんどを
注いでいる人たちに比べると

あなたの仕事は
同じ時間で
倍の成果をあげるため

高い生産性を保ったまま
労働時間を短くできる。

他の人の半分の時間で
仕事をこなせるように
なるのも不可能ではない。

このように、上位20%の
仕事に集中すると
あなたの生活すべてが
よりよい状態に
向かって進むのだ。

「もっとも重要な
人生の選択」とは、

現在と未来の自分の姿に
すべて自分が責任を取ると
決めることである。

この決心は
まちがいなく
人生の大きな転機になる。

こうして自分自身に
責任を持つかどうかが
優れた人物と平凡な人物を
選り分けるのだ。

自分の人生に
責任を持つということは

自分の人生について
言い訳はできないし
他人を責められない
ということである。

一度決意したら
これから先、

どんな理由があっても
自分の人生について
他人に責任転嫁を
してはいけない。

現状や過去に
不平を言ってもいけない。

「~だったら」
「~すれば」は禁句だ。

そのかわり、どうしても
手に入れたいものや
目指すゴールに
意識を集中しよう。

他人に責任転換をしても
その問題から
逃れることはできない。

自分の義務を
投げ出すことは、
人生のコントロールを
放り出しているにすぎない。

責任を取れない人は
自分が犠牲者であるか
のように振る舞いがちだ。

だが、そんな人は
力強さや改新的な
思想とは無縁の

「人生を諦めた
消極的な人」である。

人生で何かを
達成するには

価値の低い行動から
価値の高い行動へと

自分の集中する
対象を変えていく
能力が必要となる。

あなたの行動の
ほとんど全て
少なくとも95%は

あなた自身の
習慣によって決まっている。

朝起きてから夜寝るまで
習慣があなたの言動や
周囲の人への反応を
コントロールしているのだ。

人生で成功する人は
「人生をよりよくする習慣」
を身につけている。

一方、目指す結果に
到達できない不幸な人は

仕事に失敗したり
人生の成功を
阻むような習慣を
身につけてしまっている。

ベストの行動を選択して
生産性を倍増させるには

自分がやり遂げたいことが
明快でなければならない。

「生産性を高める三つの鍵」
① 明確なゴールを決める
② 行動計画を紙に書く
③ 優先順位をつける

自分の仕事をよく吟味して
いちばん価値のある
業務を特定したら

すぐにそれに取りかかり
最後までその業務を
やり遂げることが大切である。

注意をそらすことなく
ひとつの業務だけに
集中しよう。

そうすれば
いったん始めた仕事を
中断してから再開したり

久しぶりに
取り組んだりするよりも

ずっと早く仕事を
終わらせることが出来る。

競争の厳しい市場では
少しでも品質改善の
手を緩めたら最後

競合他社に追い抜かれ
シェアを奪われる。

もっといえば
あなたを今の地位に
引き上げた強みは

その地位を守るためには
役に立たない。

何をするにしても
今よりずっと
質を高くしなければ

一年後には
市場を追われているだろう。

今どんな強みを
もっているとしても

立ち止まったら最後
追い抜かれる。

高収益を安定して生み続ける
製品やサービスや活動から
目を離してはいけない。

未知の分野に押し出したり
分け入ったりするのは、

コア事業で商機を拾い尽くし
開拓し尽くしてからにしよう。

なんであれ
寝ても覚めても腕を磨いて
文句なく一流になろう。

天才とは、ただ際限なく
苦労できるという
だけのことである。

偉大な成功は、
ひとつの仕事を完了するまで
長期にわたって
集中した結果である。

ブライアン・トレーシーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る