Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
矢尾一樹の名言 | 地球の名言

矢尾一樹の名言

矢尾一樹のプロフィール

矢尾一樹(やお かずき/1959年6月17日-/男性)は、石川県金沢市出身の声優俳優ナレーター。元々は舞台役者として活動していたが、しだいにテレビドラマや映画の仕事を受けるようになり、その中でアニメオーディションに合格し、OVA『BIRTH』(シュルギ・ナム役)で声優デビュー。1985年に自身の代表作でもあるテレビアニメ『超獣機神ダンクーガ』に藤原忍役で出演した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+声グラWEB)

出演作品

主な出演作品(括弧内は役名)に「超獣機神ダンクーガ(藤原忍)」「機動戦士ガンダムΖΖ(ジュドー・アーシタ)」「燃える!お兄さん(国宝憲一)」「NG騎士ラムネ&40(ダ・サイダー)」「銀河戦国群雄伝ライ(大覚屋師真)」「超者ライディーン(ルーシュ・デ・モン/神無聖月)」「頭文字D(池谷浩一郎)」「ONE PIECE(フランキー)」「史上最強の弟子ケンイチ(武田一基)」「CODE-E(柊登喜雄)」「Mission-E(柊登喜雄)」「テイルズ オブ ジ アビス(死神ディスト)」などがある。

矢尾一樹の名言集

いつも心がけているのは
「テンションを高く」ということです。

先輩の役者さんは
僕よりもずっと経験があるので、
芝居で勝てるわけがないんです。

どうしたらそういう先輩と
張り合えるのかといったら、
若さとかテンションとかパワーで
向かっていくしかない。

若い役者さんにとっては
僕のほうが先輩になるわけですから、
僕を圧倒するくらいのテンションと
パワーで向かってきてほしいですね。

小賢しい芝居なんて、
僕にいわせれば必要ないんですよ。

今の若い子はみんな器用で芝居も上手いし、
養成所でさまざまな技術も習ってきている。

それで家でリハーサルビデオを見て
芝居を作り込みすぎると、
自分の演技だけ完成されてしまって
周囲との絡みがなくなっちゃうんです。

芝居って、相手役がどう
ボールを投げてくるかによって、
自分の演技も変わってくる
というところに面白さがあると思うんですよ。

だから「この人はこういう方向性で
演技を作ってきたんだな」と感じたら、
あえて違うボールを投げてみたりするんですが、
まったく演技が変わらなかったりする。

そういうのはちょっと残念ですね。
せっかくなんだから一緒にやろうよ、
みんなで芝居を作り上げていこうよ、
と思います。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る