Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
チャールズ・ディケンズの名言 | 地球の名言

チャールズ・ディケンズの名言

チャールズ・ディケンズのプロフィール

チャールズ・ディケンズ
著書一覧

チャールズ・ディケンズ(Charles John Huffam Dickens/1812年2月7日-1870年6月9日/男性)は、イギリス・ヴィクトリア朝を代表する小説家の一人。イギリスの国民作家として知られる人物であり、主に下層階級を主人公とした弱者の視点で社会を諷刺した作品を数多く発表。同じくヴィクトリア朝の代表作家として知られる「サッカレー」が、中・上級階層を中心に描いた作品を数多く発表しているため、この2人は対照的なヴィクトリア朝の代表作家として比べられることも多い。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「互いの友」「エドウィン・ドルードの謎」「二都物語」「大いなる遺産」「ハード・タイムズ」「リトル・ドリット」「荒涼館」「ドンビー父子」「デイヴィッド・コパフィールド」「マーティン・チャズルウィット」「クリスマス・キャロル」「バーナビー・ラッジ」「ニコラス・ニクルビー」「骨董屋」「ピクウィック・クラブ」「オリヴァー・ツイスト」「ボズのスケッチ集」などがある。

チャールズ・ディケンズの名言集

誰もがたくさんもっている、
今の幸せに目を向けなさい。

誰もが少しはもっている、
過去の不幸は忘れなさい。

別れの痛みは、
再会の喜びに比べれば、
何でもない。

この世に生きる価値のない人などいない。
人は誰でも、誰かの重荷を、
軽くしてあげることができるのだから。

病気や悲しみも人にうつるが、
笑いと上機嫌ほど、
うつりやすいものもこの世にない。

涙を流すことを、
恥と思う必要は全くない。

自分がしてほしいと思うことを
人に施す努力をせよ。

もし相手がそうしてくれなくても、
がっかりする必要はない。

あなたが相手を
がっかりさせるよりはずっといい。

チャールズ・ディケンズの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る