レオナルド・ダ・ヴィンチの名言

レオナルド・ダ・ヴィンチのプロフィール

レオナルド・ダ・ヴィンチ
書籍一覧

レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci/1452年4月15日-1519年5月2日※ユリウス暦/男性)は、イタリア・ルネサンス期を代表する芸術家の一人。本名はレオナルド・ディ・セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチ(Leonardo di ser Piero da Vinci)。史上最高の画家の一人と称される人物であるが、彫刻や建築、音楽をはじめ、科学、数学、工学、解剖学、地学、地誌学、植物学など様々な分野で業績を残しており、「万能人(uomo universale)」と呼ばれることも多い。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

絵画作品

主な絵画作品に 「モナ・リザ」「最後の晩餐」「ウィトルウィウス的人体図」「受胎告知」「荒野の聖ヒエロニムス」「岩窟の聖母」「聖アンナと聖母子」「東方三博士の礼拝」「天使の頭部」「ジネヴラ・デ・ベンチの肖像」「ブノワの聖母」「リッタの聖母」「音楽家の肖像」「白貂を抱く貴婦人」「ミラノの貴婦人の肖像」「糸車の聖母」「救世主」「ほつれ髪の女性」などがある。

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言集

その手に魂が込められなければ、
芸術は生まれない。

洗練を極めていくと、
単純さに辿り着く。

苦労せず手に入るものは、
幸運に値しない。

まず最初に
終わりのことを考えて始めなさい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る