モハメド・アリの名言

モハメド・アリのプロフィール

モハメド・アリ
書籍一覧

モハメド・アリ(Muhammad Ali/1942年1月17日-/男性)は、アメリカ・ケンタッキー州出身の元プロボクサー。 アマチュア時代にローマオリンピック(1960年)・ライトヘビー級で金メダルを獲得し、プロ転向後に無敗で世界ヘビー級王座を獲得。当時の力任せに殴り合いをしていたヘビー級に華麗なフットワークと鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングを持ち込んだ事で知られ、 彼のボクシング・スタイルは「蝶のように舞い、蜂のように刺す」(Float like a butterfly, sting like a bee)と称されたことは著名。 また、ベトナム戦争への徴兵を拒否したことからヘビー級王座を剥奪されたものの、実力で王座を奪還。黒人差別を温存するアメリカ社会に対して、批判的な意見を数多く意見を述べており、黒人解放運動などの貢献が称えられ「オットー・ハーン平和メダル」(ドイツの平和賞)を受賞。引退後にパーキンソン病にかかったため、公の場に出る機会は大きく減ったものの、難病の中にあっても社会に対してメッセージを発し続ける彼の評価は高まっている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

モハメド・アリの名言集

不可能とは、
自らの力で世界を切り拓くことを
放棄した臆病者の言葉だ。

不可能とは、
現状に甘んじるための
言い訳に過ぎない。

不可能とは、
事実ですらなく、
単なる先入観だ。

不可能とは、
誰かに決めつけられることではない。
不可能なんてありえない。

人間として大きくなればなるほど、
それをあえて
他人に証明する必要は無くなるのです。

50歳になった時、
20歳の時と同じように
世界を見ている人間は、
人生の30年を無駄にしたということだ。

何のリスクも取れない人間に、
成し遂げれることなど、
何一つ無いのです。

他者に貢献すること。
それは、この地球に住むための
家賃みたいなもの。

人生はボクシングと似ている。
問題は倒れることではなく、

倒れたときに
立ち上がろうとしないことだ。

俺はトレーニングが大嫌いだった。
でも、自分にこう言い聞かせたんだ。

「絶対にあきらめるな。今は耐えろ。
そして残りの人生を
チャンピオンとして生きろ」

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る