山崎拓巳の名言 第2集

山崎拓巳の名言2

山崎拓巳
著書一覧

実業家、著述家「山崎拓巳」の名言 第2集をお楽しみください。

山崎拓巳の名言集

思いつめても、変わらない。
はじめないと、はじまらない。

怖がらなくてもいい。
死ぬこと以外はかすりキズだ。

目の前の「やるべきこと」の山に
押しつぶされてはいけない。

時間内にできることは限られているし、
今できることは、
ひとつしかないのだから。

頭の中はいつもシンプルに。
自分で記憶することなく、
すべてスケジュール帳に覚えさせよう。

スケジュール帳を開けば、
「今、自分は何をするべきか?」
が書かれている。

自分の命令に従うときは、
何も考えずに実行すればいい。

頭を使うのは
段取りを組むときだけで、
いちど階段さえ作ってしまったら、
あとはただのぼるだけだ。

ときどき迷いたくなるときもあるが、
余計なことは考えず、
目の前のことに全力を注ごう。

問題が起きたら、
そのことを分析しよう。
決して無視してはいけない。

無視すればするほど、
化け物のように大きくなり、
繁殖をしはじめる。

感覚が鈍りはじめ、
やる気も奪われていくだろう。

すぐ台風の目に飛び込んだ方がいい。
早く取り組めば、
それだけ早く解決できるはずだ。

「めざす」と「がんばる」は違う。
「がんばっている」が「めざしていない」
ときがある。

この違いは見分けにくいが、
大きく違う。

「めざす」とは”目標と期限”が明確で、
その達成のために、
意思を持って行動することである。

山崎拓巳の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る