Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
メアリー・ピックフォードの名言 | 地球の名言

メアリー・ピックフォードの名言

メアリー・ピックフォードのプロフィール

メアリー・ピックフォード
作品一覧

メアリー・ピックフォード(Mary Pickford/1892年4月8日-1979年5月29日/女性)は、カナダ・トロント出身の女優プロデューサー。サイレント映画時代の大スターとして知られる人物であり、「アメリカの恋人」と呼ばれ親しまれたとのこと。本名は「グラディス・ルイーズ・スミス」(Gladys Louise Smith)。カナダの巡業劇団で7歳より子役として活躍し、1909年(15歳)に監督のD・W・グリフィスの目に止まり映画デビュー。無邪気な少女役で人気を博した後、1916年に自身のプロダクション「メアリー・ピックフォード・カンパニー」を設立。1919年にはD・W・グリフィス、ダグラス・フェアバンクス、チャールズ・チャップリンらと映画配給会社ユナイテッド・アーティスツ社を共同設立し、同社の映画『青春の夢』や『小公子』などで主演を演じる。1929年に『コケット』でアカデミー主演女優賞を受賞。1933年に女優を引退してからは、映画製作にプロデューサーとして参加したほか、化粧品会社などを立ち上げ、実業家としても活躍した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

出演作品

主な出演作品に「秘密(1933)」「お転婆キキ(1931)」「じゃじゃ馬ならし(1929)」「コケット(1929) 」「デパート娘大学(1927)」「雀(1926)」「アンニー可愛や(1925)」「ドロシー・ヴァーノン(1924)」「ロジタ(1923) 」「嵐の国のテス(1922)」「小公子(1921)」「勝手口から(1921)」「愛の燈明(1921)」「シャボンの泡(1920)」「青春の夢(1920)」「想い出の丘へ(1919)」「不良少女(1919)」「孤児の生涯(1919)」「連隊の花(1918)」「闇に住む女(1918)」「小公女(1917)」「農場のレベッカ(1917)」「小米国人(1917) 」「一門の誇り(1917)」「優しき乙女(1915)」「落花流水(1913)」などがある。

メアリー・ピックフォードの名言集

何度転んだって、
何度だってやり直せる。

「失敗」っていうのは、
転ぶことではなく、
そのまま起き上がらないこと。

過去は変えることはできない。
でも未来は、
あなたの手の中にあるの。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る