歌人の名言 一覧

歌人とは?

歌人
書籍一覧

歌人(かじん)とは、和歌や短歌の制作を行う人物の総称のこと。一般的に日常的に制作活動を行い、作品発表を行っている人物に対して使われることが多い。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

歌人 一覧

あ行

石川 啄木(いしかわ たくぼく)
文芸雑誌『スバル』の創刊者としても知られる歌人、詩人
大町 桂月(おおまち けいげつ)
詩人、歌人、随筆家、評論家
岡本かの子(おかもと かのこ)
芸術家「岡本太郎」の母親として知られる小説家、歌人、仏教研究家

か行

北原 白秋(きたはら はくしゅう)
近代の日本を代表する詩人、童謡作家、歌人
兼好法師(けんこうほうし)
日本三大随筆のひとつ「徒然草」の作者

さ行

斎藤 茂吉(さいとう もきち)
歌人&精神科医

た行

橘曙覧(たちばな の あけみ)
「たのしみは」で始まる一連の歌集歌集「独楽吟」で知られる歌人
俵 万智(たわら まち)
『サラダ記念日』の作者として知られる歌人、エッセイスト、翻訳家
寺山 修司(てらやま しゅうじ)
「言葉の錬金術師」と称される詩人、歌人、エッセイスト

な行

中川 一政(なかがわ かずまさ)
多彩なジャンルの作品を制作した芸術家、洋画家、美術家、歌人、随筆家

ま行

正岡 子規(まさおか しき)
明治時代を代表する俳人&歌人

や行

柳澤 桂子(やなぎさわ けいこ)
科学ジャーナリスト、生命科学者、エッセイスト、歌人
吉田兼好(兼好法師/徒然草)(よしだ けんこう/けんこうほうし/つれづれぐさ)
「徒然草」の作者として知られる随筆家、歌人

ら行

良寛(りょうかん)
江戸時代後期の僧侶、歌人、漢詩人、書家

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る