レイ・G・ストローベルの名言

レイ・G・ストローベル(Ray G. Strobel)のプロフィール

レイ・G・ストローベル
著書一覧

レイ・G・ストローベルは、「パンダのちえ(A Black Eye Isn’t the End of the World)」の著者。

※現在「レイ・G・ストローベル」についての詳細な人物データを調査中です。

著書

主な著書に「パンダのちえ(A Black Eye Isn’t the End of the World)」などがある。

レイ・G・ストローベルの名言集

だれかを抱きしめた思い出は、
いちばんの宝物。

はじめたからといって、
やり終えなくても
いいのかもしれない。

こんど途中まで登ったら、
そこで止まって、
登りつづける意味があるかどうか
考えてみよう。

そりゃあ、もっと上へ行けば、
もっといろんなものが見える。

でも、もうここで十分、
そんな場所まで来てるかもしれない。

人生は、
白と黒だけじゃない。

本当の自分を隠していたら、
たとえどんなに褒められても、
あんまり意味がない。

だれかとわかちあってこそ、
人生は楽しい。

結局のところ、
まんべんなく少しずつ
というのが幸せの秘訣。

お金のバランスばかり
気にしていると、
人生のバランスが崩れてしまう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る