弘兼憲史の名言 第2集

弘兼憲史の名言2

島耕作 弘兼憲史

『課長島耕作』シリーズなどの著者として知られる漫画家「弘兼憲史」の名言 第2集をお楽しみください。

弘兼憲史の名言集

人生の勝負は、
自分というたった一人の
相手に勝てばいい。

人生は自分で動かすものだ。
これから死ぬまで、
誰かに指図される人生で、
君は幸せか?

たいていの不安は、
取り越し苦労に過ぎない。

目の前の闘いに
こだわり過ぎると
人生を楽しめない。

いまの自分に
できることから
始めればいい。

自分への厳しさを失ったとき、
人は人生の勝負に負ける。

言うべきことがあるなら、
キミ自身の言葉で語る。
右へ倣えの発言など要らない。

自分の言葉で語れないなら、
あえて発言する必要はない。

キミの人生の主役は、
間違いなくキミ自身だ。

自分に勝つことだけを
目標とする人間が、
他人を感動させるのだ。

世の中には
杭となる人間より
打つ人間のほうが圧倒的に多い。

そういう大多数を
気にかけてもしょうがない。

余裕のなさが
人の器を小さくする。

本来、失敗で失ってしまう
ものなんて何もないのだ。

当たって砕けても
得るものはある。

余力を残すな。

負けたら次に勝てばいい。
また負けたらその次に勝てばいい。

どこまでいっても同じことで、
最後に勝てばいいのだ。

努力がなければ、
どんな道も開けない。

弘兼憲史の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る