アルフレッド・テニスンの名言

アルフレッド・テニスンのプロフィール

アルフレッド・テニスン

アルフレッド・テニスン(Alfred Tennyson/1809年8月6日-1892年10月6日/男性)は、ヴィクトリア朝時代に活躍したイギリスの詩人。美しい措辞と韻律で知られ、日本でも広く愛読されている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に「Poems by Two Brothers(兄のチャールズやフレデリクとの共作/1827年)」「Poems Chiefly Lyrical(初の単独作/1830年)」「シャロットの妖姫 The Lady of Shalott(本作以降、約10年間作品を発表していない/1833年)」「Poems by Alfred Tennyson(出世作/1842年)」「The Princess(1847年)」「Maud(1855年)」「国王牧歌(1859~64年)」「イノック・アーデン Enoch Arden(1864年)」「Locksley Hall Sixty Years After(1886年)」「砂州を越えて Crossing the Bar(辞世の歌として名高い/1889年)」などがある。

アルフレッド・テニスンの名言集

一人の敵もつくれない人は
一人の友ももてない。

人間は一人では
人間たりえない。

希望こそが
人間をつくる。

大いなる希望を
持ちなさい。

自尊、自己認識、自制※。
この三つのものが
人生を最高の力へ導く。

※自分を尊び、自分を知り、 自分をコントロールすること。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る