高杉晋作の名言

高杉晋作のプロフィール

高杉晋作
書籍一覧

高杉晋作(たかすぎ しんさく/1839年9月27日-1867年5月17日/男性)は、幕末に活躍した長州藩士。長州藩の守旧派であった長井雅楽らが失脚し、尊王攘夷派が台頭した頃に桂小五郎(木戸孝允)や久坂義助(久坂玄瑞)らと共に尊攘運動に加わり、江戸や京都において勤皇・破約攘夷の宣伝活動を展開、各藩の志士たちと交流を行う。奇兵隊結成、八月十八日の政変、禁門の変、幕府による第一次長州征伐などを経た後、長州藩諸隊を率いて功山寺で挙兵し、俗論派の首魁・椋梨藤太らを排斥して藩の実権を握る。土佐藩の坂本龍馬や中岡慎太郎らの仲介として薩長盟約を結び、第二次長州征伐(四境戦争)では幕府相手に勝利。この幕府敗北によって幕府は権威は大きく失墜し、後の大政奉還への大きな転換点を作った。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

高杉晋作の名言集

人間、窮地におちいるのはよい。
意外な方角に
活路が見出せるからだ。

しかし、死地におちいれば、
それでおしまいだ。

だから、おれは
困ったの一言は吐かない。

おもしろき
こともなき世を
おもしろく

天賦のかんによって、
その場その場で
絵をかいてゆけばよい。

人間というのは
困難は共にできる。
しかし富貴は共にできない。

戦いは一日早ければ
一日の利益がある。

まず飛びだすことだ。
思案はそれからでいい。

どんな事でも
周到に考えぬいたすえに行動し、
困らぬようにしておく。

それでもなおかつ
窮地におちた場所でも
「こまった」とはいわない。

困ったといったとたん、
人間は知恵も分別も出ないように
なってしまう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る