エウリピデスの名言

エウリピデスのプロフィール

エウリピデス
書籍一覧

エウリピデス(Euripides/紀元前480年頃-紀元前406年頃/男性)は、『メデイア』『アンドロマケ』などの代表作で知られる古代アテナイの三大悲劇詩人の一人(あとの二人はアイスキュロス、ソポクレス)。三大詩人の他に比べて現存する作品が多く(悲劇18篇とサテュロス劇1篇+多数の断片)、ソポクレスとは対照的で、革新的・新思考的な作風が特長。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

現存作品

主な現存作品に「アウリスのイピゲネイア」「アルケスティス」「アンドロマケ」「イオン」「エレクトラ」「オレステス」「キュクロプス」「救いを求める女たち」「タウリケのイピゲネイア」「トロイアの女」「バッコスの信女」「ヒッポリュトス」「フェニキアの女たち」「ヘカベ」「ヘラクレス」「ヘラクレスの子供たち」「ヘレネ」「メデイア」「レソス」などがある。

エウリピデスの名言集

行為を決断する人は、
たいてい勝利もまた手に入れる。

恋は無学の人間に
文字を教える。

最大の不運の中に、
最高のチャンスがある。

許してやりなさい。
しょせん人間というのは、
どうしても過ちを犯してしまう
生き物なのだから。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る