能村龍太郎の名言

能村龍太郎のプロフィール

能村龍太郎(のうむら りょうたろう/1922年-2006年/男性)は、大阪府大阪市出身の実業家。東京ドームや埼玉スタジアム2002など大型膜面構造物の屋根を手掛けた老舗メーカー「太陽工業」の創業者。日本万国博覧会(大阪万博)では、世界初の低ライズによる巨大空気膜構造の「アメリカ館」や鞍型形状ドームの富士グループパビリオンなども手掛けた人物。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

能村龍太郎の名言集

有益な情報を得たければ、
まず自分が相手に情報を与えよ。

発明家の多くが貧乏なのは、
世の中のニーズというものを
考えてないからです。

どんなに画期的な良いものでも、
人が求めていないものは
商品としての価値がないのです。

われ四十にして初めて迷い、
五十にして益々迷い、
六十にして迷いを極め、
七十にして迷いを楽しみ、
八十にして迷いを悟り、
九十にして迷いを終わり、
百にして迷わず。

遊び半分で仕事をしている
なんていうと、
社員が怒るかもしれないが、
遊び心でやると非常に能率が上がる。

精神的に余裕があるし、
好きで夢中になってやるから、
いいアイデアも湧いてくる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る