野口英世の名言

野口英世のプロフィール

野口英世
書籍一覧

野口英世(のぐち ひでよ/1876年11月9日-1928年5月21日/男性)は、福島県出身の細菌学者。蚊(ネッタイシマカなど)によって媒介される感染症「黄熱病」や梅毒トレポネーマによって発生する感染症・性病「梅毒」などの研究で広く知られる人物。ペンシルベニア大学医学部を経て、ロックフェラー医学研究所の研究員となり、細菌学者として数々の論文を発表。ノーベル医学・生理学賞候補にも3度なっている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

研究・業績

主な研究・業績に「蛇毒の血清学的研究」「梅毒スピロヘータの純粋培養」「梅毒スピロヘータを進行性麻痺・脊髄癆患者の脳病理組織内で発見」「梅毒スピロヘータの感染実験による梅毒の再現」「小児麻痺病原体特定」「狂犬病病原体特定」「南米・黄熱病病原体特定」「ペルー疣とオロヤ熱が同じカリオン氏病の症状であることを証明」「熱帯リーシュマニア症の研究」「トラコーマ病原体特定」「アフリカ・黄熱病原体特定(未発表)」などがある。

野口英世の名言集

誰よりも三倍、四倍、
五倍勉強する者。
それが天才だ。

家が貧しくても、
体が不自由でも、
決して失望してはいけない。

人の一生の幸も災いも、
自分から作るもの。

周りの人間も、周りの状況も、
自分から作り出した影と知るべきである。

私は少しも恐れるところがない。
私はこの世界に、
何事かをなさんがために
生まれてきたのだ。

過去を変えることはできないし、
変えようとも思わない。

なぜなら人生で変えることができるのは、
自分と未来だけだからだ。

人は能力だけでは、
この世に立つことはできない。
たとえ、立身しても、機械と同様だ。

人は能力と共に、
徳を持つことが必要である。

ナポレオンは、
夜3時間しか眠らなかった。

彼になしえられる努力が、
自分になしえられぬはずがない。

この世界には、
人間の頭数と同様に、
仕事は沢山あるはずである。

モノマネから出発して、
独創にまでのびていくのが、
我々日本人のすぐれた性質であり、
たくましい能力でもあるのです。

人は、四十になるまでに、
土台を作らねばならぬ。

絶望のどん底にいると想像し、
泣き言をいって絶望しているのは、
自分の成功を妨げ、
そのうえ、心の平安を乱すばかりだ。

人生最大の幸福は、
一家の和楽である。

円満なる親子、兄弟、師弟、
友人の愛情に生きるより、
切なるものはない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る