サム・ウォルトンの名言

サム・ウォルトンのプロフィール

サム・ウォルトン
著書一覧

サム・ウォルトン(Sam Walton/1918年3月29日-1992年4月5日/男性)は、世界最大の小売業として知られる「ウォルマート」の創業者。1945年に軍隊を除隊後、雑貨屋を購入しチェーン展開を開始。1950年に廃業したものの、1954年には彼の弟バドとともにウォルマートの原型ともいえるディスカウントストアの「ウォルトンの店」を開業。1962年には、さらに「ウォルマート」と「Kマート」を創業。当時の小売業界の主要出店方式の逆をいく、大型店を中心とした田舎での出店や、現在では小売業の潮流ともいえるドミナント方式をいち早く導入するなど流通革命を先導。物流、情報を最大限生かした効率的な経営で、シアーズやKマートを抜く全米最大の小売業へ導いた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

サム・ウォルトンの名言集

自分自身を信じることによって、
人は事を成し得る。
これは驚くべきことである。

私がやったことの大半は、
他人の模倣である。

他社から学ぶことこそ、
成功への近道。

私には、
「失敗」という概念などないのだよ。

他の誰よりも自分のビジネスを信じ、
仕事を愛し、最善をつくそう。

そうした情熱は
熱病のように周囲の全員に移っていくだろう。

どこにでもいるような人が集まって、
だれにもできないようなことを
成し遂げたのだ。

給料やストックオプションも大切だが、
心のこもった言葉は
何物にも代えることが出来ない、
大金に値する。

ウォルマートが全米最大の
リテーラーになる前の25年間、
売上高に対する経費率は、
常に業界第1位にランクされていた。
これが競争に対する強みである。

真剣に働いているからといって、
いつもしかめっ面をしたり、
難しい顔をしている必要はないのだ。

どんな仕事をする場合でも、
私たちは楽しくやりたいと考えている。

それは「口笛を吹きながら働く」
式の哲学であるが、
この精神でやれば仕事が楽しいだけでなく、
よりよい仕事ができる。

人とは違う道を行き、
旧来の考え方を無視すること。

もしすべての人が同じ方向に進んでいるなら、
まったく逆の方向へ行き、
自分独自の市場を見つけるチャンスだ。

誰もが、それは間違っているというだろうが、
そんなことは気にしてはいけない。

小売業の成功の秘訣は、
「お客が望むものを提供する」ことである。

実際、もしお客の立場になったら、
誰もが最善のものを望むだろう。

質のよい商品、豊富な品揃え、
可能な限りの低価格、満足の保証、
感じがよく知識の豊富な店員の応対、
お客の都合に合わせた営業時間、無料駐車場、
そして、楽しいショッピング体験等々。

成功を喜び、
失敗の中にユーモアを見出しなさい。

あまり真剣に考えてはいけない。
リラックスしなさい。

そうすればまわりの人すべてが
リラックスするだろう。

楽しみなさい。
いつも熱意を示しなさい。

うまくいかないときには
衣装を着てバカげた歌を歌いなさい。

どこにでもいる普通の人々に、
機会と激励を与え、
やる気をひき起こすことができれば、
可能なことに限界はない。

高望みすること。
これがすべてのカギだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る