モルトケの名言

モルトケのプロフィール

モルトケ元師

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ(Helmuth Karl Bernhard Graf von Moltke/1800年10月26日-1891年4月24日/男性)は、「近代ドイツ陸軍の父」と称されるプロイセン王国の軍人軍事学者。最終階級は元帥。対デンマーク戦争・普墺戦争・普仏戦争で陸軍参謀総長として手腕を見せ、ドイツ統一に貢献した人物。当時の最新技術であった鉄道と電信を積極的に利用し、電信による迅速な命令伝達を行った他、大部隊を鉄道で主戦場に輸送して、敵主力を包囲殲滅する戦術を確立。「分散進撃・包囲・一斉攻撃」がモルトケの戦略として知られているが、これはクラウゼヴィッツの思想を受け継いでいるとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

モルトケ元師の名言集

青年の失敗こそは
彼の成功の尺度である。

彼は失敗をどう思ったか
それから彼はどうしたか。

落胆したか、引退したか
あるいはさらに勇気をふるって
前進したか。
それで彼の生涯は決まる。

最初に考慮すべき事柄を
比較検討せよ。
それからリスクを冒せ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る