矢内廣の名言

矢内廣のプロフィール

矢内廣
書籍一覧

矢内廣(やない ひろし/1950年1月7日-/男性)は、福島県いわき市出身の実業家。ぴあ株式会社の創業者。中央大学在学中の1972年(当時22歳)にTBS報道局のアルバイト仲間7人と月刊情報誌「ぴあ」を創刊。大学卒業後の1974年に「ぴあ株式会社」を設立。1984年から日本初のコンピューターオンラインネットワークによるチケット販売サービス「チケットぴあ」を開始。同チケット販売で人気を獲得し、広く知られる事業となる。2002年に東証二部、2003年に東証一部に上場を果たす。(参考文献:ベンチャー通信+ウィキペディア+Amazon.co.jp)

書籍

主な書籍(共著含む)に「加藤昌史が訊く!『エンタメサミット』[CD] (ぴあ&キャラメルボックス、未来への指針) 」がある。

矢内廣の名言集

失敗は数多くやってきましたが、
致命的な失敗は無いですね。

つまり失敗は誰が決めるか
ということですよ。

他人に言われて、
失敗だと決まるものではない。

本人が失敗と思った瞬間に
失敗になるんです。

逆に本人が失敗だと思わなければ、
それは失敗ではなく
「成功への道のり」なんです。

だから、物事の捉えかた一つですよね。
あきらめない心、前向きな気持ち
というのが大事なんです。

私たちはいま、
「感動のライフライン」の構築
というビジョンのもとに
ビジネスを組み立てています。

20世紀のライフラインといえば、
電気、ガス、水道といった
生命維持のためのものでした。

20世紀まではモノを中心に回っていましたが、
21世紀は心の時代です。

だから、これからのライフラインは、
人々の心の豊かさをサポートし、
毎日の暮らしを生き生きと、
感動的なものにするものでなければならない。

なによりも自分で自分の生き方を
創っていくということが大切。

他人が作ったレールに乗っかるのではなくて、
自分の力で切り開いていくこと。
他人と同じである必要は無いんです。

準備運動なんて必要ないんです。
まずは、自分で転げ回って、
のたうち回るしかない。

本を読んだら、
何かが分かるなんてウソ。

まずは動いてみて、
その体験を通して学ぶ。

実際にやってみないと
何も学べないんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る