岡村喬生の名言

岡村喬生のプロフィール

岡村喬生
作品一覧

岡村喬生(おかむら たかお/1931年10月25日-/男性)は、東京都出身のオペラ歌手。当初は新聞記者志望だったそうだが、早稲田大学在学中にグリークラブに誘われ、バリトン歌手として音楽活動を開始。その後、東京放送合唱団に準団員として迎えられ、齋藤秀雄の指導を受ける。大学卒業後に東京放送合唱団に正団員として就職。日本人ソリストとしてマリオ・デル・モナコやティト・ゴッビと共演を果たし注目を集め、1959年に政府給費留学生としてイタリア留学を行う(ローマ・聖チェチーリア音楽院声楽科卒&ウィーン国立音楽アカデミー・リート・オラトリオ科修了)。1960年にヴィオッティ国際音楽コンクール声楽部門で金賞を受賞した他、トゥールーズ国際声楽コンクールで優勝を果たす。ヨーロッパ各地で第一バスとして活躍した後、1979年に日本へ帰国し、オペラの他にも執筆や講演会、テレビドラマ、映画などでも活躍を見せている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「歌うおたまじゃくし、世界奮泳記」「ヒゲのオタマジャクシ世界を泳ぐ」「オペラの時代に」「三つの頑張らない人生」などがある。

岡村喬生の名言集

挑戦に勝る
結果はない。

人生は読めません。
目の前に来たチャンスは
絶対に試さなきゃいかん。

自分を追い込まないとだめ。
そうすると本当に捨て身になる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る