堀主知ロバートの名言

堀主知ロバートのプロフィール

堀主知ロバート
書籍一覧

堀主知ロバート(ほり かずとも Robert/1965年8月23日-/男性)は、IT関連企業「サイバード」の創業者として知られる実業家。アメリカ・ワシントンに生まれ、4歳から和歌山県西牟婁郡、次いで兵庫県西宮市で育つ。関西学院大学法学部を卒業後、祖父が経営していた和歌山県・白浜町の旅館「川久」の事業に携わる。1994年頃からインターネット関連事業を手がけるようになり、「パラダイスウェブ」を設立(後に廃業)。1998年に携帯電話向けコンテンツ配信会社「サイバード」を設立。2005年には世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人にも選出されている。(参考文献:ベンチャー通信+ウィキペディア+Amazon.co.jp)

堀主知ロバートの名言集

まず自分の得意分野を
認識する必要があります。

例えば将棋の得意な人が、
プロ野球の選手を目指しても無謀です。

だからまず自分の得意分野を探して、
そこで自分の役割を見つけるべきです。

私の場合は、かなり早い時期から
自分の得意分野は『商売』だと
認識していました。

だから大学入学後
すぐに商売を始めたのです。

何か一つに惚れ込んで、
一心不乱に語れるまで極める。

つまり中途半端に物事を知っているよりは、
一つのことを
完璧に知っている方が大事です。
その方が人間の幅が広がります。

起業に近道はありません。
日々の地道な努力の積み重ねです。

どんな時でも前向きに一生懸命生きる。
これが起業家の第一歩
なのではないでしょうか。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る