井村雅代の名言

井村雅代のプロフィール

井村雅代
著書一覧

井村雅代(いむら まさよ/1950年8月16日-/女性)は、大阪府出身のシンクロナイズドスイミングの指導者、元シンクロ選手。長年に渡り、日本のシンクロナイズドスイミング界を牽引してきた功績から日本の「シンクロ界の母」とも称される人物。選手時代の主な実績は日本選手権優勝(2回)、ミュンヘンオリンピック出場など。日本代表コーチを長年に渡り務めた他、中国代表チームの監督、大阪府教育委員、松原市教育委員長なども歴任している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に「あなたが変わるまで、わたしはあきらめない 努力する心の育て方」「教える力」「女は女が強くする」「愛があるなら叱りなさい」などがある。

井村雅代の名言集

自分の可能性をどこまで信じるか。
自分がこれでいいと思ったら、
これ以上向上できない。

そして、自分はこれで限界だと思ったら、
これ以上伸びない。
それで自分は止まってしまう。

自分の限界を決めるのは自分で、
敵は最終的には自分です。

悪いところを指摘するということは、
克服したらもっと良くなる
ということでしょ。

だから、いつも言うのは、
欠点や課題があるのは
良いことなんだって。

欠点や課題を一つでも克服したら、
一歩前進できるじゃないですか。

みんな欠点や課題があったら
自分は駄目だと思うけど、
そうじゃない。

自分たちが目指すべきものが
明確になったら、

いま何をしなければならないのか
がわかります。

超一流には、
「まあいいか」は
絶対にありません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る