真田哲弥の名言

真田哲弥のプロフィール

真田哲弥
著書一覧

真田 哲弥(さなだ てつや/1964年-/男性)は、大阪府出身の実業家。KLab株式会社や株式会社サイバードの設立者の一人。関西学院大学在学中の1986年に合宿制の運転免許学校の斡旋所「マイライセンス」を開業(翌年に法人化し株式会社リョーマを設立)。株式会社ダイヤルキューネットワーク設立などを経て、1997年に株式会社アクセスに入社。翌年に株式会社サイバードを設立し、取締役副社長&CTOに就任。2000年にサイバードのR&D部門として株式会社ケイ・ラボラトリー(後のKLab)を設立。サイバードが2000年12月にジャスダック市場に上場した他、KLabも2011年9月にマザーズに上場(2012年5月に東証一部上場)を果たしている。(参考文献:ベンチャー通信+ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に「なぜ、ベンチャ-は失敗しやすいのか? 成功するビジネスプラン、7つのエッセンス」などがある。

真田哲弥の名言集

学生なのに社長の名刺をもち、
飛び歩いていた私のことを、
おそらく多くの大人たちは、
「なにも知らない若造のクセに」
と冷ややかな目で見ていたでしょう。

事実、その通り。
もっているのは夢だけで、
なにも知らない若造でした。

だから、あらゆることを
自力でやるしかなかった。

そうやってもがいて、
這いずりまわっているうちに、
自然と知識やノウハウを習得することができ、
社長業のなんたるかを学んでいきました。

ともかく、やらされている仕事、
上からいわれた仕事を
こなしているだけでは、
成長はありえません。

「ほかにやる人は誰もいない」
という状況下で、
必死になって努力するから、
成長できるんです。

目的が明確であれば、
回り道は決してムダではないのです。

結果を恐れずチャレンジしなければ
ベンチャー企業の成功はない。

経営学なんか勉強しなくていい。
そんなのは後からついてきます。

それよりも、自分のやりたいことに向かって、
手と足を使って試行錯誤することです。

結局、そうしたドロくさい方法のほうが、
短時間で知識やノウハウが身につきます。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る