昭和天皇の名言

昭和天皇のプロフィール

昭和天皇
書籍一覧

昭和天皇(しょうわてんのう/1901年4月29日-1989年1月7日)は、日本の第124代天皇を務めた人物。諱は「裕仁(ひろひと)」、幼少時の称号は「迪宮(みちのみや)」、お印は「若竹(わかたけ)」。大日本帝国憲法の下で立憲君主制の天皇として、終戦の国策決定などに深く関与された他、戦後の日本国憲法の下では「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」である天皇として国政に関する権能を有しないとされたものの、ダグラス・マッカーサーとの会見などにより、以後も独自の政治的影響力を保持。主権回復後には、象徴天皇として皇室外交などを行われました。神話上の天皇を除くと歴代天皇と比べ在位期間が非常に長く、在位は1926年12月25日から1989年1月7日まで。また、生物学研究者として公務の傍らヒドロ虫(ヒドロゾア)や変形菌(粘菌)などを研究されていたとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

昭和天皇の名言集

雑草という草はない。
人間の一歩的な考え方で、
これを雑草として
決め付けてしまうのはいけない。

マッカーサー司令官と、
内容は外に漏らさないと約束しました。

男子の一言であり、
世界に信頼を失うことにもなるので
話せません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る