ジョージ・バーナード・ショーの名言 第2集

ジョージ・バーナード・ショーの名言2

ジョージ・バーナード・ショー
書籍一覧

近代演劇の確立者として知られるアイルランド出身の劇作家、社会主義者「ジョージ・バーナード・ショー」の名言 第2集をお楽しみください。

ジョージ・バーナード・ショーの名言集

分別がある者は、
自分を世界に合わせようとする。

分別がない者は、
世界を自分に合わせようと
躍起になっている。

ゆえに、分別がない者がいなければ、
進歩はありえない。

私は人生を
人生そのままに愛する。

私にとって人生は、
はかなく消え去るろうそくの火ではなく、
燃えさかるたいまつである。

私は今、
このたいまつを手にしている。

この火を次の世代に手渡す前に、
精一杯明るく燃やそうと思う。

健全な肉体は、
健全な精神に宿る。

愚者は自分が恥ずかしい
と思うことをする時、
それは自分の義務だと言い張る。

真の自由とは、
自分の好きなことが出来る
という事であって、
何もしないことではない。

人生における真の喜びは、
偉大だと思える目的のために
生きることである。

情熱なき者は、
善人にも悪人にもなれない。

貧乏に対する恐怖に
人生を支配させてしまえば、

その報酬として
食べていくことができるだろう。

しかし生きることは
できなくなる。

いつも自分を磨いておけ。
あなたは
世界を見るための窓なのだ。

あまり他人の同情を求めると、
軽蔑という景品がついてくる。

ジョージ・バーナード・ショーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る