Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
ジョージ・バーナード・ショーの名言 | 地球の名言

ジョージ・バーナード・ショーの名言

ジョージ・バーナード・ショーのプロフィール

ジョージ・バーナード・ショー
書籍一覧

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw/1856年7月26日-1950年11月2日/男性)は、近代演劇の確立者として知られるアイルランド出身の劇作家社会主義者。20歳の頃から音楽評論家のゴーストライターを始め、27歳の頃に自身の小説作品を発表。36歳の頃に「やもめの家」で劇作家としてデビュー。40代頃から劇作家として世に認められるようになり、数々の名作を世に送りだした。1925年にノーベル文学賞を受賞。また、イギリスの社会主義知識人による運動団体「フェビアン協会」に所属する社会主義者でもあり、評論として「知的女性のための社会主義と資本主義の手引き(1928年)」なども発表している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な戯曲に「ジュネーヴ/1938年」「聖女ジョウン/1923年」「メトセラへ還れ/1918年」「傷心の家/1916年」「ピグマリオン/1913年」「アンドロクリーズとライオン/1912年」「ファニーの初めての劇/1911年」「バーバラ少佐/1905年」「人と超人/1903年」「ブラスバウンド船長の改宗/1899年」「シーザーとクレオパトラ/1898年」「悪魔の弟子/1897年」「分からぬものですよ/1897年」「運命の人/1895年」「キャンディダ/1895年」「武器と人/1894年」「ウォレン夫人の職業/1893年」などがある。

ジョージ・バーナード・ショーの名言集

自分がこうなってしまったのは、
自分を取り巻く環境が
悪かったからだと人は言う。

だが環境の影響など、
何ほどのものではないと
私は信じている。

世の中で成功している人間は、
望む環境を求めて行動し、
見つからなければ
それを自ら作りだしている。

我々は過去を
振り返ることによってではなく、

未来に対する
責任によって賢くなるのである。

グラスに入っているワインを見て、
「ああ、もう半分しか残っていない」
と嘆くのが悲観主義者。

「お、まだ半分も残っているじゃないか」
と喜ぶのが楽観主義者である。

人間が賢いかどうかは、
その経験のいかんによるものではない。

その経験を
いかに生かすかによるのである。

もし君と僕が
りんごを交換したら、
持っているりんごはやはり、
ひとつずつだ。

でも、もし君と僕が
アイデアを交換したら、
持っているアイデアは
2つずつになる。

人生とは
自分を見つけることではない。

人生とは
自分を創ることである。

できるだけ早く結婚することは、
女のビジネスであり、

できるだけ結婚しないでいることは、
男のビジネスである。

高潔にして有意義な人生とは、
無為な人生などではなく、
失敗に満ちた人生である。

人間の第一の義務は、
貧困と縁を切ることだ。

自分の望みに
忠実に生きよ。

さもないと、嫌いなものを、
押しつけられるはめになる。

ジョージ・バーナード・ショーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る