ジャック・ウェルチの名言

ジャック・ウェルチのプロフィール

ジャック・ウェルチ
著書一覧

ジャック・ウェルチ(John Francis “Jack” Welch Jr./1935年11月19日-/男性)は、アメリカ・マサチューセッツ州出身の実業家。その経営手腕から「伝説の経営者」や「20世紀最高の経営者」と称される人物であり、1981年から2001年にかけて、ゼネラル・エレクトリック社(GE)の最高経営責任者を務めた経営者。マサチューセッツ大学卒業やイリノイ大学で博士号取得を経て1960年にゼネラル・エレクトリック社に入社。1972年に同社副社長、1977年に上席副社長、1979年に副会長と出世していき、1981年に同社最年少での会長兼最高経営責任者に就任。「リストラ」や「ダウンサイジング」と呼ばれる大規模な整理解雇による資本力の建て直しと、企業の合併・買収(M&A)と国際化の推進を積極的に行う経営手法をとり、GEを大きく躍進させた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(邦訳書/共著含む)に「ウィニング勝利の経営」「ジャック・ウェルチの「私なら、こうする!」 ビジネス必勝アドバイス」「ジャック・ウェルチわが経営(上・下)」などがある。

ジャック・ウェルチの名言集

世界でNO.1、
悪くてもNO.2になれない事業からは、
すべて撤退する。

自分でない
何者かになろうとしていたら、
私は自分を見失っていただろう。

ビジネスは簡単だ。
それをむずかしく考えようとする人は、
何をやってもモノにならない。

事業全体をよく見渡し、
どこを手直しし、どこを強化し、
どこを捨てる必要があるか、
できるだけ早く決断せよ!

花を育てるには、
肥料と水を両手に持って、
常に両方をかけなくてはいけない。

うまく育てば美しい花壇になる。
育たなければ抜くしかない。
経営もそれと同じだ。

われわれは
失敗にも報酬を与えている。

機能しない照明器具を作ったチーム全員に
テレビセットを贈ったこともある。

そうしないと、
社員は新しい挑戦を避けるようになる。

ビジネスでは、
6ヶ月早くやっていれば良かった
ということはある。

しかし、6ヶ月先延ばしにすれば良かった
ということはまずない。

自分の運命は
自分でコントロールすべきだ。

さもないと、
誰かにコントロールされてしまう。

何もしなければ、
いずれ誰か他人にビジネスのやり方を
変えられてしまう。

ならば、自分達で変えてしまった方が
良いに決まっている。

「効率」という言葉はよくない。
「創造性」という言葉を使うべきだ。

優れたことを成し遂げるのは
戦略ではなく、優れた人間だ。

燃え上がって、
ただ進めばいい。

冷静で理性的な
言葉はいらない。

効率などという言葉を
使うようになってはいけない。

頭の固い
会社人間になっていては駄目だ。

戦略とは、
まず現時点で自分が
どこに位置しているかを
知ることである。

自分が前はどこにいたいと
思っていたかでも、
いるはずだったかでもなく、
いまどこにいるかである。

次に、五年後の
自分の位置を知る。

そして最後に、いまの地点から
五年後の地点まで到達できるかどうか、
現実的にどの程度の可能性があるかを
判断することである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る