湯川秀樹の名言

湯川秀樹のプロフィール

湯川秀樹
著書一覧

湯川秀樹(ゆかわ ひでき/1907年1月23日-1981年9月8日/男性)は、京都府京都市出身の理論物理学者、京都大学・大阪大学名誉教授。中間子理論の提唱などで原子核・素粒子物理学の発展に大きな功績を挙げた人物であり、1943年に文化勲章を授章、1949年に日本人として初めてとなるノーベル賞を受賞。主な弟子として「林忠四郎(宇宙物理学者)」「内山龍雄(ゲージ理論の先駆者の一人)」「寺本英(生物物理、数理生物学の開拓者)」などが知られる他、現在活躍する多くの理論物理学者・宇宙物理学者・天文学者・数理生物学者は孫弟子にあたる。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「β線放射能の理論」「最近の物質観」「存在の理法」「物理学に志して」「目に見えないもの」「理論物理学講話」「自然と理性」「量子力学序説」「原子と人間」「思考と観測」「素粒子論序説」「科学と人間性」「物質観と世界観」「思考と観測」「極微の世界」「非局所場の理論」「しばしの幸」「旅人 ある物理学者の回想」「現代科学と人間」「本の中の世界」「創造的人間」「創造への飛躍」「心ゆたかに」「学問と人生」「自己発見」「天才の世界」「宇宙と人間 七つのなぞ」「物理講義」「この地球に生れあわせて」「外的世界と内的世界」「科学者のこころ」などがある。

湯川秀樹の名言集

一日、生きることは、
一歩、進むことでありたい。

現実は、痛切である。
あらゆる甘さが排除される。

現実は予想できぬように豹変する。
あらゆる平衡は早晩打破される。

現実は複雑である。
あらゆる早合点は禁物である。

取り返しのつかない
大きな失敗をしたくないなら、
早い段階での失敗を恐れてはならない。

アイデアの秘訣は、
執念である。

自然は曲線を創り、
人間は直線を創る。

現実はその根底において、
常に簡単な法則に従って
動いているのである。
達人のみがそれを洞察する。

現実はその根底において、
常に調和している。
詩人のみがこれを発見する。

真実は、
いつも少数派。

科学は絶えず進歩している。
常に明日の飛躍が約束されている。

現実のほかにどこに真実があるか
と問うことなかれ。
真実はやがて現実となるのである。

今日の真理が、
明日否定されるかも知れない。

それだからこそ、私どもは、
明日進むべき道を探しだす。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る