ジョン・C・マクスウェルの名言 第3集

ジョン・C・マクスウェルの名言3

ジョン・C・マクスウェル
著書一覧

「世界一のメンター」とも称されるアメリカの自己啓発作家、講演家、牧師「ジョン・C・マクスウェル」の名言 第3集をお楽しみください。

ジョン・C・マクスウェルの名言集

なかなか夢を達成できない人に限って、
「考え方を変えずに結果だけを変えよう」
とする。
だがそんな”うまい話”があるはずがない。

イラクサ(※多年生植物の一種)を植えて、
どんなに一生懸命に水や肥料をやって
手入れをしたところで
トウモロコシが収穫できるわけがない。

収穫物(結果)が気に入らないのなら、
蒔く種(考え方)を変えなければならない。

仕事やプロジェクトで得られる成果は、
リーダーが設定するハードルの高さで決まる。

凡庸なリーダーのハードルは低く、
優秀なリーダーのハードルは高い。

だから卓越したリーダーの下で得られる成果は
輝かしいものになる。

「将来の成功」が手に入らないのは、
「いまの考え方」に問題があるからだ。
型にはまった考えは可能性を狭めてしまう

しかし、思考を深め、視野を広げていけば、
いつでもいまの自分を軽々と超越でき、
可能性は無限大になる。

敗者は生き残りを考え、
勝者は”前進”だけを考える。

成功できないのは、
成功するために必要な行動を
習慣にできていないからなのだ。

「不可能」という
ラベルを貼るのをやめなさい。

そうすれば、
可能性は無限に広がる。

見通しが暗いと知って
元気が出る人はいないだろう。

成功しないとわかっていることに
どれだけの時間とエネルギーを
費やすことができるだろう。

勝ち目のない戦いに挑む人はいない。
成功を信じてこそ、
情熱を燃やすことができる。

自分のやっていることに自信があるとき、
エネルギーは湧いてくるのである。

人のために働いた日の夜、
人は何の後悔もなく、
満足感に満ちた夜を過ごすことができる。

ベンジャミン・フランクリンは、
毎日、自分に2つの質問をしていた。

朝起きると、
「今日はどんなよいことをしようか」と考え、

夜、寝る前に
「今日はどんなよいことをしたか」
と考えるのである。

この2つの質問に私心なく、
正直に答えることができれば、
道を外れる心配はない。

ジェネラリストでありながら、
頂点を極めることはできない。

これだというものを見つけたら、
それ以外のことは何もするな。

ジョン・C・マクスウェルの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る