ジョン・C・マクスウェルの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョン・C・マクスウェルのプロフィール

ジョン・C・マクスウェル
著書一覧

ジョン・C・マクスウェル(John C. Maxwell/1947年2月20日-)は、「世界一のメンター」とも称されるアメリカの自己啓発作家講演家牧師。「インジョイ・グループ」の創設者。企業や組織のリーダー育成の他、ビジネスマンの能力開発などを手掛ける人物であり、著書の累計販売数は1600万冊を超えるとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「「人の上に立つ」ために本当に大切なこと」「マクスウェルのリーダーシップ集中講義」「「つながり」力 結果が出せる人になる」「これからのリーダーが「志すべきこと」を教えよう」「夢をかなえる10の質問にあなたは「YES」で答えられるか?」「伸びる会社には必ず理想のリーダーがいる」「すごい「考える力」!」「励ましの言葉が人を驚くほど変える」「「人を動かす人」になるために知っておくべきこと」「「戦う自分」をつくる13の成功戦略」「夢を実現する戦略ノート」「求心力人を動かす10の鉄則」「その他大勢を味方につける25の方法 成功を勝ち取る人間関係のつくり方」「 統率者の哲学 リ-ダ-シップ21の法則」「あなたがリーダーに生まれ変わるとき リーダーシップの潜在能力を開発する」「ザ・チョイス人生を決める16の選択」「この人についていきたい、と思わせる21の法則 成功者に学ぶ人間力の磨き方」「リ-ダ-シップ人間力の鉄則 部下の心に火をつける21の資質」「「勝負強さ」を鍛える本」「ありきたりの毎日を黄金に変える言葉」「 「一勝九敗」の成功法則」「夢を実現する戦略ノ-ト」などがある。

ジョン・C・マクスウェルの名言集

失敗は教師であるべきであって、
葬儀屋であるべきではない。

失敗は遅れであって、
敗北ではない。

失敗は一時的な遠回りであって、
行き止まりではない。

人生を変えたければ、
日常の行いを見直すことだ。

成功の鍵は、
日々の日課の中にある。

明日の成功の最大の敵は、
今日の成功である。

チャンスをつかむ絶好の日は、
今日である。

チャンスは幸運ではなく、
勇気の成果である。

すべての信号が青に変わるのを
じっと待っていては、
いつまでたっても
前に進むことは出来ません。

何があっても、
絶対に、絶対に、絶対に、
あきらめてはいけない。

自分のやっていることを
心から楽しまなければ、
真の成功はあり得ない。

頂上へ連れていってくれる
エレベーターなどないということです。

成功の頂上へ辿り着きたいなら、
長い階段を自分の足で
一歩ずつ上っていくしかありません。

何歩くらいなら歩けると思うか。
そして、どの程度の時間なら
登り続けてもいいと思うかによって、
どこまで高く登れるかが決まるのです。

わたしは三十七年間、
毎日14時間も練習を積んできて、
いまようやく天才と呼ばれるようになった。

過去のどの時間より、
輝きを放つ未来を作る。

これ以上、
今日に何を求めることがあるだろう。

成長するためには、
長い間やってきたことを
やめなければならない。

広く探求することを
1点に集中することと交換する。

若い時ほど、
色々なことを試してみるべきです。

でも、いったん人生の目的を見つけたなら、
それに執着しなければなりません。

人生は本番前の
リハーサルではありません。

常にベストを尽くさなければ、
二度とチャンスはないのです。

男女を問わず、
歴史に名を残した偉人たちは、
多くのものを所有していたり、
大金を稼いだりしたから
偉大だったのではありません。

安全性を捨てても、
偉業を成し遂げることに、
人生を賭けたからこそ偉大なのです。

カードゲームなら、
強いカードが来るまで
じっと待っていればいいが、
人生はそうはいかない。

持ち前の才能は
神からの授かりものであり、
自分で選択する余地はない。

しかし、人生は配られた
手持ちのカードで勝負するものだ。

そして、カードをどう使うかは、
本人の選択次第である。

使命とは、自分以外の
人と関わりのあるテーマであるべきだ。

誰かのために生きてこそ、
人生は価値がある。

困難を乗り越える唯一の方法は、
「自分には、必ず乗り越えられる」
と信じることだ。

障害を小さくして乗り越えるのではない。
自分を大きくして乗り越えるのだ。

人生で何かを成就するには、
どれくらい強く欲しているかが問題になる。

意志の強さは、
欲求の強さによって決まる。

自分の使命や目標に向けて
熱く生きている人というのは、
いつ見ても気持ちがいい。

ジョン・C・マクスウェルの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



スポンサーリンク


バックナンバー


▲ページトップに戻る