ピーター・ドラッカーの名言3

ピーター・ドラッカーの名言 第3集

ピーター・ドラッカー
書籍一覧

「現代経営学」や「マネジメント」の発明者と称される経営学者・社会学者「ピーター・ドラッカー」の名言 第3集をお楽しみください。

ピーター・ドラッカーの名言3

現状を把握しなければ、
未来は語れない。

人間は、自らが望む
未来の大きさに合わせて、
成長する。

何かを成し遂げるためには、
そのことをしか
考えられないという
“狂い”が必要となる。

計画とは、
未来に関する
現在の決定である。

全力を注がなければ、
あなたに未来は無い。

成功する人に共通しているのは、
ひたすらひとつの事に
集中しているという点である。

彼らは自分にとって
一番重要なことだけに力を集中し、
それが終わるまで
他の事には一切手を出さない。

生産性の本質を測る
真の基準は、

「量」ではなく、
「質」である。

成功する企業というのは、
「問題」ではなく、
「チャンス」に目を向けている。

すべての偉大な成功は、
地味で面倒な事の積み重ねの上に
成り立っている。

複雑なものというのは、
大抵うまくいかない。

事業とは何かを問われると、
たいていの企業人は
利益を得るための組織と答える。

たいていの経済学者も
同じように答える。

この答えは
間違いなだけではなく、
的外れである。

優れた者ほど、
間違いは多い。

それだけ新しいことを
試みるからである。

正しい構造が
成果を約束してくれる
わけではない。

しかし、間違った構造は
成果を生まず、
最高の努力を無駄にしてしまう。

社会や経済は、
いかなる企業をも
一夜にして消滅させる。

企業は社会や経済の許しがあって
存在しているのであり、

有用かつ生産的な
仕事をしている
と見なされるかぎりにおいて、
存続を許されているに過ぎない。

ドラッカーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る