サッカレーの名言

サッカレーのプロフィール

サッカレー
書籍一覧

ウィリアム・メイクピース・サッカレー(William Makepeace Thackeray/1811年7月18日-1863年12月24日/男性)は、イギリスの小説家(出身はインドのカルカッタ)。ディケンズと並びヴィクトリア朝を代表する小説家の一人として広く知られる人物であり、上流階級を痛烈に批判した『虚栄の市』が特に著名。日本では「サッカリー」や「ザッカリー」と表記されることもある。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に「虚栄の市」「ペンデニス」「ヘンリー・エズモンド」「ニューカム家の人々」「アイルランド・スケッチブック」「俗物の書」「バラと指輪」「バリー・リンドン」「パーキンズ夫人の舞踏会」「わが町」「レベッカとロウィーナ」「デニス・デゥヴァル」などがある。

サッカレーの名言集

上機嫌は
人が着ることができる
最上の衣裳である。

美しい笑いは、
家の中の太陽である。

愛してその人を得ることは
最上である。

…そして、愛してその人を失うことは
その次によい。

この浮世は一つの鏡である。
この鏡には皆自分の姿が映る。

だから君が
額に八の字を浮かべて鏡に向かえば、
鏡も八の字を寄せて君を睨み返し、

君が微笑みを浮かべて鏡に対すれば、
鏡も微笑みをもって君に応える。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る