ピーター・ドラッカーの名言2

ピーター・ドラッカーの名言 第2集

ピーター・ドラッカー
書籍一覧

「現代経営学」や「マネジメント」の発明者と称される経営学者・社会学者「ピーター・ドラッカー」の名言 第2集をお楽しみください。

ピーター・ドラッカーの名言2

コミュニケーションで
一番大切なことは、

相手が口にしていない言葉を、
聞き分ける力である。

世界一になりなさい。
さもなければ撤退しなさい。

組織のマネジメントとは、
凄い人材を入れることや
改新的なサービスを導入する事
のように思われているが

一番重要なのは、
今ある人材と資産で
何ができるかを
考えることである。

成功する人間に必要な
生まれつきの能力など
ありはしない。

ただ、あなたが
成し遂げたいことに、
必要な能力だけを
身につければいいのだ。

どんな人でも努力すれば、
“それなりの能力”は
身につけることが出来る。

そして、この世で
成功するためには、
“それなりの能力”があれば
十分なのである。

組織の活動というのは、
「いかに世の中に貢献していくか」
という一点に集約される。

組織は常に、
進化していなくてはならない。

砂漠では、
教養など何の役にも立たない。

生きる技術を
持っているかどうかが
生き残れるかどうかを分ける。

厳しいビジネスの世界も
同じである。

これまでの実績など
捨てなさい。

自分の強みを過信した者は、
生き残れません。

生産性を上げる
一番簡単な方法は、

今、一番成果が出ている
仕事に集中し、

成果が出ていない仕事からは、
撤退してしまうことである。

重要なことは、
明日何をするかではなく、

今日、
何をしたかである。

新しい事業を
つくり出すときは、
大きなビジョン
である必要はない。

しかし、今日の常識とは
違うものでなければならない。

マーケティングの理想は、
販売を不要にすることである。

つまり、製品がおのずから
売れるようにすることである。

市場において
目指すべき地位は、

最大ではなく、
最適である。

生産性を向上させるために
まず問うべきは、

何が目的か、
何を実現させようとしているか、
なぜそれを行うかである。

ドラッカーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る