ピーター・ドラッカーの名言

ピーター・ドラッカーのプロフィール

ピーター・ドラッカー
書籍一覧

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker/1909年11月19日-2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン出身の経営学者社会学者。企業の存在意義やマネジメントに関する世界的な権威であり、「現代経営学」や「マネジメント」の発明者とされ、彼の著書は”経営の教科書”として世界中の経営者が愛読している。また、「民営化(Privatization)」や「知識労働者(Knowledge economy)」という言葉は彼が生み出したもの。「会社や組織のマネジメント」に関する著書の他に、社会や政治などに対する著書も数多く発表しており、その著書の根本のテーマは「人間が幸福になるにはどうすればいいか」という一点に集約される。組織や企業のマネジメントで有名ではあるものの、個人の自己啓発や成長に関する思想も広く知られており、その論理をまとめると、まず「自分の強み」を知ること。そして、「今後どのように生きていくか」を見定め、「自分の成長の余地が無い分野からは潔く撤退することが重要」と説いてる。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「マネジメント 基本と原則」「知の巨人ドラッカー自伝」「プロフェッショナルの条件 いかに成果をあげ、成長するか」「マネジメント・経済・未来について話そう」「ドラッカー最後の言葉」「プロフェッショナルの原点」「ドラッカーの遺言」「P.F.ドラッカー経営論」「チェンジ・リーダーの条件 みずから変化をつくりだせ!」「20世紀を生きて 私の履歴書」「明日を支配するもの 21世紀のマネジメント革命」「組織を救うリーダーシップの条件」「イノベーターの条件 社会の絆をいかに創造するか」「経営者に贈る5つの質問」など多数。

ピーター・ドラッカーの名言集

私が13才のとき、
宗教の先生が生徒に、
「何によって人に憧れたいかね」
と尋ねた。

しかし、その問いには
誰も答えられなかった。

先生は笑いながらこう言った。
「いま答えられると思わない。
でも50才になって
答えられないと問題だよ。

人生を無駄に
過ごしたことになるからね。」

選択肢を前にした
若者が答えるべき問題は、

正確には、
何をしたらよいかではなく、

自分を使って
何をしたいかである。

チャンスとは、
ひとつのことに
心に集中することによって、

かろうじて見つけることが
できるものである。

傲(おご)ってはいけません。
企業は、社会によって
存在させてもらっている
存在なのです。

最も重要なことから
始めなさい。

未来を予知しよう
とすることは、

夜中に田舎道を
ライトもつけずに走りながら、
後ろの窓から
外を見るようなものである。

一番確実な
未来予知の方法は、
未来自体を
作り出してしまうことである。

寝床につくときに、
翌朝起きることを
楽しみにしている人間は、
幸福である。

不得手なことの改善に
あまり時間を
使ってはならない。

自らの強みに
集中すべきである。

無能を並みの水準にするには、
一流を超一流にするよりも、
はるかに多くの
エネルギーと努力を必要とする。

我々が行動可能なのは
現在であり、
また未来のみである。

21世紀に重要視される
唯一のスキルは、
新しいものを学ぶスキルである。

それ以外はすべて
時間と共にすたれてゆく。

いまさら、
自分を変えよう
としてはならない。

そんなのは、
うまくいくわけがない。

自分の得意とする仕事の
やり方を向上させることに、
力を入れるべきである。

人の卓越性は、
ひとつの分野、あるいは
わずかの分野においてのみ、
実現されるのである。

教養ある人間は、
勉強し続けなければならない
ということを自覚している。

焦点の定まった
明確な使命がなければ、

組織はただちに
組織としての信頼性を失う。

事業を行うときは、
次の4つの条件を
満たしておかなければならない。

まず経営環境、使命、強みが
現実と一致していること。

そして、それらの条件が
互いに合致していること。

そして、周知徹底
されなければならない。

さらに、たえず
検証されなければならない。

あらゆる活動について
「もし今日これを
行っていなかったとして、
改めて行うか」
を問わなければならない。

答えが否であるなら、
「それでは、いかにして
一日も早くやめるか」
を問わなければならない。

ドラッカーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る