ココ・シャネルの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

ココ・シャネルのプロフィール

ココ・シャネル
書籍一覧

ココ・シャネル(Coco Chanel/1883年8月19日-1971年1月10日/女性)は、フランスの女性ファッションデザイナー実業家。本名は「ガブリエル・ボヌール・シャネル」(Gabrielle Bonheur Chanel)。ファッションブランド「シャネル(Chanel)」の創設者として世界的に知られるな人物であり、同ブランドは「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドポリシーに女性のファッションの歴史を次々と刷新していったことで著名。華やかなイメージで語られることの多い「ココ・シャネル」ではあるものの、その幼少期は過酷な時期を過ごしており、母親が早くに他界し、父親から捨てられ、孤児院や修道院で育ったとのこと。その後、お針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで歌うようになり、交際していた男性に伴われてパリ郊外の牧場に移住。牧場で趣味として制作していた帽子がにわかに評判となったのをきっかけに帽子専門店「シャネル・モード」を開店。これが現在のファッションブランド「シャネル(Chanel)」へとつながっていったとのこと。また、愛称の「ココ」はキャバレーで歌っていた頃の持ち曲「Ko Ko Ri Ko(コケコッコウ)」と「Qui qu’a vu Coco dans le Trocadero(トロカデロでココを見たのはだれ)」」に由来。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

書籍

主な関連書籍に「ココ・シャネル女を磨く言葉」「あなたを変えるココ・シャネルの言葉」「VOGUE ONココ・シャネル」「ココ・シャネル伝説の軌跡」「ココ・シャネル 時代に挑戦した炎の女」「ココ・シャネルが教えてくれること エレガントな女性になるための日常レッスン」「ココ・シャネルの秘密」「ファッションデザイナ- ココ・シャネル」「ココ・シャネル愛と孤独の日々」「ココ・シャネルという生き方」「誰も知らなかったココ・シャネル」など多数。

ココ・シャネルの名言集

かけがえのない人間になりたいのなら、
人と同じことをしてちゃだめよ。

私は日曜日が嫌い。
だって、誰も働かないんだもの。

贅沢は貧しさの反対語と、
考えている人もいるけれど、
それは間違い。
下品さの逆です。

三十歳の顔は、
自然の贈り物。

五十歳の顔は、
あなたの功績。

下品こそ、
この世でもっとも醜い言葉。
私はそれと闘う仕事をしています。

贅沢とは、
居心地がよくなることです。
そうでなければ、
贅沢ではありません。

翼を持たずに生まれてきたのなら、
翼を生やすために、
どんな障害も乗り越えなさい。

人生がわかるのは、
逆境のときよ。

私の着ているものを見て、
みんな笑ったわ。
でもそれが私の成功の鍵。
私はみんなと同じ格好をしなかったの。

私は好きなことしかしない。
私は自分の人生を、
自分が好きなことだけで切り開いてきたの。

下品な服装は服だけが目につき、
上品な服装は人物を引き立たせる。

実際にどう生きたかは、
大した問題ではないのです。

大切なのは、どんな人生を夢見たか、
ということだけなの。

お金は、儲けるために、
夢中になるものではなく、
使うためにこそ、
夢中になるべき。

口紅は、落ちる過程にこそ、
ドラマがある。

扉に変わるかも知れないという、
勝手な希望にとらわれて、
壁をたたき続けていてはいけません。

エレガンスとは、
すでに将来を手に入れた人間が持つ、
特権なのです。

スタートが不幸だったことなんて、
私はまったく恨んでいません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


関連記事


スポンサーリンク


バックナンバー


▲ページトップに戻る