松方弘樹の名言

松方弘樹のプロフィール

松方弘樹
作品一覧

松方弘樹(まつかた ひろき/1942年7月23日-/男性)は、東京府東京市出身の俳優タレント釣り師。本名は「目黒 浩樹」(めぐろ こうじゅ)。父は時代劇俳優「近衛十四郎」。弟は俳優「目黒祐樹」。もともとは歌手志望であったが、17歳の時に東映の映画に出る機会があり、「歌手になる上で役に立つだろうし、経験だと思って1本くらい出てみろ」という父の勧めもあったため、1960年に『十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ』で俳優デビュー。当時は俳優が不足していたこともあり、以降も俳優としての仕事をするようになり、『昭和残侠伝シリーズ(助演)』や『人形佐七捕物帳(NHK版/主演)』など、時代劇やヤクザ映画で高い評価を獲得。その後、『仁義なき戦い』シリーズや映画『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』などで敵役・悪役を演じ、役の幅を広げ、東映実録シリーズの主演俳優の一人としても活躍。また、俳優業の他にバラエティ番組などでタレントとしても活躍する他、大の釣り好きとして釣り番組などにも多数出演している。(参考文献:朝日新聞どらく+ウィキペディア+Amazon.co.jp)

出演作品

主な出演映画作品に「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ (1960年)」「赤穂浪士 (1961年)」「瞼の母 (1962年)」「昭和残侠伝シリーズ」「怪竜大決戦 (1966年)」「人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊 (1968年) 」「眠狂四郎シリーズ」「博奕打ち外伝(1972年)」「仁義なき戦いシリーズ」「東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯 (1973年)」「脱獄・広島殺人囚 (1974年)」「あゝ決戦航空隊 (1974年)」「沖縄やくざ戦争 (1976年)」「日本の首領シリーズ」「北陸代理戦争 (1977年)」「ドーベルマン刑事 (1977年)」「柳生一族の陰謀 (1978年) 」「野性の証明 (1978年) 」「赤穂城断絶 (1978年)」「日蓮 (1979年) 」「徳川一族の崩壊 (1980年)」「修羅の群れ (1984年) 」「将軍家光の乱心 激突 (1989年)」「江戸城大乱 (1991年) 」「首領になった男 (1991年)」「藏 (1995年)」「流れ板七人 (1997年)」「修羅の群れ (2002年)」「許されざる者 (2002年)-」「ドッグファイター ごろつき刑事 (2004年)」「結婚しようよ (2008年)」など多数。

松方弘樹の名言集

毎日に張り合いがないと思いながらも、
何もしないままでは
人生もったいなさすぎる。

僕の生き様は簡単。
つらいこと、悲しいことは
誰にだって生きていれば必ずある。

でも、「下手の考え休むに似たり」
と言うように、
いつまでも引きずったり、
嘆いたりしていても時間の無駄。

だからマイナス要素のことは、
布団に入る前に
すべて忘れることにしているんです。

自分の心をコントロールしてね。
布団に入ったら今度は楽しいことだけを考える。

「8月になったら釣りに行ける」
「今度こんな作品のオファーが来ているけれど、
この人と共演できるし、実現したら楽しいな」
と言った具合に。
それをもう50年以上続けています。

僕らはモノがない時代に育ったから、
何とか白いご飯が食べたい、
いい家に住みたい、外車に乗りたい、
いい女と遊びたいと思って、
がむしゃらに働いてきた。

でも、最近は、プラスマイナスゼロ
でいいと思っている人が多いらしい。

異性にモテたいという気持ちすら
なくなっているみたいです。

働き盛りの30代40代が
そんな考えでは日本は浮上しない。

プラマイゼロで生きていくのが楽
だと思っている国民ばかりでは、
国として衰退していくばかりですよ。

並みでいいと思った時点で落ちていくだけ。
ゼロはゼロではなく、僕にとってはマイナス。

だからこそ絶対に
プラスを目指さなくちゃいけないのです。

僕はすべてに対して貪欲、やじ馬です。
もうこれでいいやと思ったら絶対に進歩はない、
人生終わりだと思っています。

人間は「死ぬまで何かしてやる」
と思っていないとダメです。

僕だって確かに年は取っている。
滑舌だって「あいうえお」
と昔は1.5秒で言えたのに、
今は2秒かかります。

いろんなところで衰えは感じるのですが、
その中でも精いっぱいやることを考えます。

だから、働き盛りの人たちでも、
ゼロでいいやと思っているんだったら、
僕の方が絶対に勝つ(笑)。
そんな人には負けない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る