堀義人の名言

堀義人のプロフィール

堀義人

堀義人(ほり よしと/1962年3月28日-/男性)は、株式会社グロービスの創業者として知られる実業家。京都大学工学部を卒業後、住友商事株式会社に入社。同社で新規事業開発などを手がけた後の1992年に株式会社グロービスを設立。その後も1996年にグロービス・キャピタル、1999年にエイパックス・グロービス・パートナーズを設立と事業を拡大していき、2006年にはグロービス経営大学院も開学。同校で自ら講師として活躍する他、若手起業家が集うYEO日本初代会長や米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)、日本プライベート・エクイティ協会理事などを歴任。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+ベンチャー通信/イシン株式会社)

著書

主な著書に「グロ-ビスMBA事業開発マネジメント」「吾人の任務 MBAに学び、MBAを創る」「創造と変革の志士たちへ 真の実践力を身につけるための「自分の磨き方」」「人生の座標軸 「起業家」の成功方程式」「成功するキャリア・デザイン 「やりたい仕事」は自分でつくれ」などがある。

堀義人の名言集

起業家に必要なのは
“絵”つまり
“ビジョン”です。

会社はどこに向かうのか。
この会社の社会における
存在意義は何か。

そこをはっきり
させなくてはいけない。

起業家にも
2つのタイプがある。

1つが金儲けを目的として
経営をする人。

もう1つがビジョンを持って
経営をする人。

言うまでもなく
金儲けを目的としている人は
大きな会社を作ることは
不可能です。

私利私欲に走る人に
社員は付いていきませんし
そういう人を
社会は成功させません。

もし成功したとしても
その成功は
長くは続かないでしょう。

自分の可能性を
止めてしまうのは
自分自身なんです。

ですから、まず自分自身で
限界を作らないということ。

他人によって
あるいは先入観によって
自分にはできないと
思い込まないことですね。

限界は自分の中ではなく
みんなの頭の中にあるんです。

みんなができないと
思っていることを
可能にするのが起業家。

英語で”ウォームハート・
クールヘッド”というんですが

高い志や高いビジョンで
目標設定をしながらも
頭の中では冷静に
戦略や計画をつくっていく

そういった両輪を持つことが
重要ですね。

成功には短期的成功と
長期的成功がある。

短期的に成功すれば
長期的にも成功できる
と思いがちですが

短期的に成功した人が
必ずしも長期的に成功する
とはいえないんです。

まず大きなことは
“人間力”があるかどうかです

何のために自分が
この事業をやるのか
という動機から始まって

どういった志や倫理観を持って
事業を行っているのか

自分の事業に対する
使命感は何か

あるいは度量の大きさ
どんな場面でも冷静沈着に
意思決定できるという力

人を巻き込んでいく
能力に至るまで
“人間力”の部分が大きい。

すべての能力を
成功する経営者が
もともと持っているかというと
ほとんどの場合
そうではない。

自分自身が
そのプロセスの中で
学んでいくことによって
身についてくるもの
だと思うんです。

ですから、自分の能力を
高めるために
努力できる人というのは
成功していく可能性が
高いですね。

人生を通して
自分が何をしたいか
でしょうね。

それが明確に決まっていると
あまり寄り道をしなくて
いいと思うんです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る