池波正太郎の名言

池波正太郎のプロフィール

池波正太郎
著書一覧

池波正太郎(いけなみ しょうたろう/1923年1月25日-1990年5月3日/男性)は、戦後の日本を代表する時代・歴史小説家随筆家。『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説で人気を博した人物であり、作家だけでなく、美食家や映画評論家としても著名であった。1957年に「錯乱」で第43回直木賞を受賞、1986年に紫綬褒章、没後に勲三等瑞宝章を受章。1998年に「池波正太郎真田太平記館」(長野県上田市)が開館。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著作

主な著作(小説・歴史もの)に「鬼平犯科帳シリーズ」「剣客商売シリーズ」「仕掛人・藤枝梅安』シリーズ」「真田太平記」「雲霧仁左衛門」「闇の狩人」「錯乱」など多数。

池波正太郎の名言集

人間は死ぬという事実こそが、
自分を磨くための磨き砂だ。

近頃の日本は
「白」でなければ「黒」である。

その中間の色合いが
全く無くなってしまった。

その色合いこそが
「融通」と言うものである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る