中島武の名言

中島武のプロフィール

中島武

中島武(なかじま たけし/1948年1月27日/男性)は、福岡県生まれの実業家。「韮菜万頭」「万豚記」「紅虎餃子房」「上海バール」などの飲食店を手がける「際コーポレーション」の創業者。警備会社、古着屋、アンティーク店などの事業を手掛けた後、1990年に「際コーポレーション株式会社」を設立。中国料理店で独創的なスタイルを確立し、その後、イタリアン、アメリカン、和食など幅広いジャンルの店舗を展開している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+ベンチャー通信/イシン株式会社)

著書

主な著書に「そのお店、いまなら再生できます」「簡単につくれるおいしい麺と餃子」「毎日食べても飽きない定番鍋アイデア鍋異国鍋」「紅虎流自慢料理67男子厨房で遊ぶべし」「繁盛道場 愛されるお店をつくる二十二の法則」「ハングリ- 日本を明るくするバカ力」などがある。

中島武の名言集

最近の若者の中には
お金を稼ぐということに
貪欲になれる
タフな人間が
いなくなってしまった。

お金を稼ぐということが
汚く見えてしまって
みんなボランティアや
NPOに走ってしまう。

別に、ボランティアが悪い
と言っているわけでは
ありません。

もちろん
いいことだと思っています。

しかし、自分でお金を稼いで
そのお金を清く使うことが
一番の社会貢献では
ないでしょうか。

だから、若い人には
もっと物事の本質を見据えて
タフに生きてほしい。

形式にとらわれることなく
自由に自分のやりたいことを
一生懸命すればいい。

男としてなんでこんなに
仕事をするのかと考えてみると

お金が欲しくて
やってるわけじゃないでしょ
みんな。

すごい男だと言われたくて
自分の能力を試したくて
やってるんじゃないですか。

成功するには
まずやり続けること。

あとは運。
自分で運をつくること。

運は環境でつくれます。
成功するような環境にいなさい
ということです。

環境が自分にとって良くないと
客観的に判断したら
そこを変えるべきです。

そこからスタート
してください。

そのくらいのことをしないと
人間は変わらないんです。

仕事は寡黙にやらないで
大騒ぎしてやりましょう。

そうすれば
まわりが動きます。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る