安部修仁の名言

安部修仁のプロフィール

安部修仁
書籍一覧

安部修仁(あべ しゅうじ/1949年9月14日-/男性)は、福岡県出身の実業家。牛丼チェーンストア『吉野家』を展開する株式会社吉野家ホールディングスの会長。高校卒業後、プロのミュージシャンを目指し音楽活動を行う傍らでアルバイトとして吉野家で働くようになり、その後、正社員として株式会社吉野家に入社。九州地区本部長、常務取締役と順調に役職をこなし、1991年に42歳(当時)の若さで代表取締役社長に就任。東証1部上場企業の代表取締役社長に学生アルバイトからの叩き上げの人物が経営トップに就くのは日本では非常にまれなケースであり、非正規雇用出身者が東証1部上場企業の代表取締役等のトップに就任した例としては、ブックオフコーポレーションの「橋本真由美」などが知られている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(共著・インタビュー集等)に「吉野家の経済学」「吉野家の牛丼280円革命」などがある。

安部修仁の名言集

企業は往々にして、
何かを変えようとしたがります。
しかし、私の考えは逆です。

まず変えるべきでないものを決めます。
それ以外を変えていく。

勝つまでやる。
だから勝つ。

時間数をこなした人が、
成果を出しているとはっきり言える。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る