村上龍の名言

村上龍のプロフィール

村上龍
著書一覧

村上龍(むらかみ りゅう/1952年2月19日-/男性)は、長崎県佐世保市出身の小説家映画監督、金融・政治経済評論家。本名は「村上 龍之助(むらかみ りゅうのすけ)」。自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞と芥川龍之介賞を受賞し、ヒッピー文化を受け継ぐ作家として、村上春樹と共に大きな注目を集めた人物であり、自身の小説を元に映画製作も行なう他、1999年から金融・政治経済関連の問題を考えるメールマガジン『JMM』を主宰。政治経済関連の時事報道に対してコメントを行うなど、文壇以外の分野でも活躍を見せている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著作

主な著作(長編小説)に「限りなく透明に近いブルー/1976年」「海の向こうで戦争が始まる/1977年」「コインロッカー・ベイビーズ/1980年」「だいじょうぶマイ・フレンド/1983年」「テニスボーイの憂鬱/1985年」「69 sixty nine/1987年」「愛と幻想のファシズム/1987年」「ラッフルズホテル/1989年」「コックサッカーブルース/1991年」「超電導ナイトクラブ/1991年」「イビサ/1992年」「長崎オランダ村/1992年」「エクスタシー/1993年」「フィジーの小人/1993年」「368Y Par4 第2打/1993年」「音楽の海岸/1993年」「昭和歌謡大全集/1994年」「五分後の世界/1994年」「ピアッシング/1994年」「KYOKO/1995年」「ヒュウガ・ウイルス 五分後の世界Ⅱ/1996年」「メランコリア/1996年」「ラブ&ポップ トパーズⅡ/1996年」「はじめての夜 二度目の夜 最後の夜/1996年」「オーディション/1997年」「ストレンジ・デイズ/1997年」「イン ザ・ミソスープ/1997年」「ライン/1998年」「共生虫/2000年」「希望の国のエクソダス/2000年」「タナトス/2001年」「THE MASK CLUB/2001年」「最後の家族/2001年」「悪魔のパス天使のゴール/2001年」「半島を出よ/2005年」「歌うクジラ/2010年」「心はあなたのもとに/2011年」などがある。

村上龍の名言集

生きろ、
そう叫びながら
心臓はビートを刻んでいる。

いくら時間と知恵を費やしても
飽きないモチベーション持った人は、
必ず成功する。

目標は達成するもの。
達成できないのは100%自分のせい。

現代のような、
ミモフタもない市場社会では、
ほとんどすべての成功者は、
「ミモフタもなく努力した」ために
成功をつかんでいる。

経済人であれ政治家であれ、
周囲に威張りちらさないと
存在感を示せない人が
社会的・経済的に成功するわけがない。

それは民主主義の
長所の一つである。

成功者の定義と条件は、
誇りや充実感のある仕事と

信頼できる最小限の
共同体を持っていること。

努力そのものに喜びを見出せた人は、
それだけで成功者と呼べる。

絶望したときに
発狂から救ってくれるのは、

友人でもカウンセラーでもなく、
プライドである。

モチベーションという概念は、
希望につながっていなければならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る