安藤百福の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

安藤百福のプロフィール

安藤百福
書籍一覧

安藤百福(あんどう ももふく/1910年3月5日-2007年1月5日/男性)は、日清食品の創業者として知られる実業家発明家。世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」や世界初のカップめん「カップヌードル」の開発者であり、日本と世界の食文化に大きな変革をもたらした。また、96歳まで生涯現役で生き抜き、長寿・健康の秘訣についての質問には「週2回のゴルフと毎日お昼に欠かさず食べるチキンラーメン」といつも答えていたとのこと。現在では安藤百福の生前の言葉から「食足世平」「食創為世」「美建賢食」「食為聖職」の4つが日清食品グループの創業者精神となっている。1977年に藍綬褒章、1982年に勲二等瑞宝章、1983年に紺綬褒章、1992年に科学技術庁長官賞「功労者賞」、2002年に勲二等旭日重光章、2007年に正四位を受章・授与されている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+ベンチャー通信)

著書

主な著書に「食欲礼賛」「インスタントラーメン発明王 安藤百福かく語りき」「魔法のラーメン発明物語 私の履歴書」「100歳を元気に生きる 安藤百福の賢食紀行」「食は時代とともに 安藤百福フィールドノート」「ラーメンのルーツを探る 進化する麺食文化」「日本めん百景」「苦境からの脱出 激変の時代を生きる」「美健賢食 新和風薬膳のすすめ」「時代に学ぶ美健賢食」「安藤百福語録」「麺ロードを行く」「日本の味探訪 食足世平」などがある。

安藤百福の名言集

目標を持ったら、
あとは執念だ。

転んでもただでは起きるな。
そこらへんの土でもつかんで来い。

事業のヒントは周りを見わたせば、
どこにも転がっている。

事業化できないアイデアは、
単なる思いつきにすぎない。

本当のアイデアとは実用化されて、
成功を保証するものである。

事業を始めるとき、
金儲けをしようという気持ちはなかった。

何か世の中を明るくする仕事は無いかと、
そればかり考えていた。

即席めんの発想にたどり着くには、
48年間の人生が必要だった。

過去の出来事の一つ一つが、
現在の仕事に見えない糸で繋がっている。

どんなに優れた思いつきでも、
時代が求めていなければ、
人の役に立つことはできない。

私は眠るときも、
メモと鉛筆を枕元に用意する。
あなた方も四六時中考える習慣をつけなさい。

事業を始めるとき成功を語るな、
失敗から考えろ。

新しいものを創造する力が無ければ、
企業は存続できません。

未来とシナリオなき事業は、
すべて清算しなさい。

企業は夢がなくてはならない。
夢が現実のものになるとき、
飛躍的に成長する。

企業という言葉は創造と同義である。
新しいものを世の中に提供していく力がなければ
企業である必要はない。

安藤百福の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


関連記事


スポンサーリンク


バックナンバー


▲ページトップに戻る