渡辺貞夫の名言

渡辺貞夫のプロフィール

渡辺貞夫
書籍一覧

渡辺貞夫(わたなべ さだお/1933年2月1日-/男性)は、栃木県宇都宮市出身のサックスプレーヤー作曲家。日本のジャズ界の第一人者。愛称は「ナベサダ」など。映画「ブルースの誕生」の影響を受けてクラリネットを始め、1951年に上京し銀座のクラブ等での演奏活動を開始。1953年にジャズピアニスト「穐吉 敏子(あきよし としこ)」が率いる「コージー・カルテット」に加入。同バンドの解散後の1958年に「ジョージ川口ビッグ4」に加入。アメリカへの留学を経て、日本ジャズ界のリーダーとして活動する一方、留学中に出会ったボサノヴァの演奏にも熱心に取り組む。1977年に発売したアルバム『渡辺貞夫リサイタル』で芸術祭大賞を受賞。1978年リリースのフュージョン・アルバム『カリフォルニア・シャワー』では、ジャズとしては空前の大ヒットを記録し、フュージョン・サウンドをポピュラー音楽として広めることになる。1995年に紫綬褒章を受章。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(共著含む)・書籍に「渡辺貞夫 ぼく自身のためのジャズ」「My dear life 渡辺貞夫音楽生活50年」などがある。

渡辺貞夫の名言集

楽なものは、
面白くない。

練習とは追求。
そして、本番を楽しむための準備。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る