チャップリンの名言

チャールズ・チャップリンのプロフィール

チャップリン
書籍一覧

チャールズ・スペンサー・チャップリン・ジュニア (Charles Spencer Chaplin, Jr./1889年4月16日-1977年12月25日/男性)は、イギリス・ロンドン出身の映画俳優映画監督コメディアン脚本家。「喜劇王」の異名を持つサイレント映画時代のスーパースターであり、「バスター・キートン(Buster Keaton/1895-1966)」や「ハロルド・ロイド(Harold Lloyd/1893-1971)」と並び「世界の三大喜劇王」として称されてる人物。数々のサイレント映画作品を生み出したが、大きすぎるズボンと靴をはき、山高帽にかぶり竹のステッキを持ったちょび髭の人物の役柄「小さな放浪者(The Little Tramp)」は特に有名。孤児院や貧民院を転々していた幼少期に生きる糧を得るためにパントマイムを始め、10歳の時にはプロの木靴ダンスの一座に所属していたとのこと。アカデミー賞、英国アカデミー賞、ニューヨーク映画批評家協会賞、ヴェネツィア国際映画祭(栄誉賞)など数々の賞を受賞。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

作品

主な作品に「成功争ひ」「ヴェニスの子供自動車競走」「公債」「犬の生活」「サニーサイド」「担へ銃」「一日の行楽」「キッド」「のらくら」「給料日」「偽牧師」「黄金狂時代」「巴里の女性」「サーカス」「街の灯」「モダン・タイムス」「独裁者」「ライムライト」「ニューヨークの王様」「伯爵夫人」などがある。

チャップリンの名言集

人生は近くで見ると悲劇だが、
遠くから見れば喜劇である。

私は祖国を愛しています。
でも、祖国に愛せと言われたら、
私は遠慮なく、祖国から出ていきます。

人生に必要なものは、
勇気と想像力。
それと、ほんの少しのお金です。

死と同じように
避けられないものがある。
それは生きることだ。

人生は素晴らしい。
恐れの気持ちさえ持たなければ…。
何よりも大切なのは勇気だ。創造力だ。

無駄な一日。
それは笑いのない日である。

偉大な俳優になるために必要なのは、
演技をする自分を愛すること。

下を向いていたら、
虹を見つけることは出来ないよ。

意味を考えていたら始まらないよ。
人生ってのは欲望さ。
意味なんてどうでもいいじゃないか。

自分自身を馬鹿にするのは、
勇気がいるんだ。

チャップリンの名スピーチ

私たちは生き方を
見失ってしまったのだ。

欲が人の魂を毒し、
憎しみと共に世界を閉鎖し、
不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを開発したが、
それによって自分自身を孤立させた。

ゆとりを与えてくれる機械により、
貧困を作り上げた。

知識は私たちを皮肉にし、
知恵は私たちを冷たく、薄情にした。

機械よりも、
私たちには人類愛が必要なのだ。

賢さよりも、
優しさや思いやりが必要なのだ。

そういう感情なしには、
世の中は暴力で満ち、
全てが失われてしまう。

(動画より抜粋)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る