村山雅美の名言

村山雅美のプロフィール

村山雅美
書籍一覧

村山雅美(むらやま まさよし/1918年3月28日-2006年11月5日)は、東京府出身の冒険家、元南極観測隊隊長、国立極地研究所名誉教授。1968年に第9次越冬隊を率い、日本人として初めて南極点に到達したことで知られる人物であり、1983年公開映画「南極物語」の監修なども手掛けた。1989年に勲三等旭日中綬章を受章。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「地の果てに挑む マナスル・南極・北極」「極地を探検した人々」「南極点へ5200キロ 昭和基地の越冬生活と極点征服」などがある。

村山雅美の名言集

追いつめられたときの多数決は、
大変危険です。

気弱になった集団の多数意見は、
往々にして誤る。

(「ものすごい言葉/著:多根清史」より)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る