最澄の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

最澄のプロフィール

最澄
書籍一覧

最澄(さいちょう/767年9月15日-822年6月26日※生年は766年説もある)は、日本の天台宗の開祖として知られる平安時代の。俗名は「三津首広野(みつのおびとひろの)」。12歳のときに近江国分寺に入り、出家して「行表」の弟子となり、14歳のときに得度し名を「最澄」に改める。その後、湛然の弟子の道邃と行満から天台教学を学び、禅や密教なども相承。806年に最澄の上表により、天台業2人が年分度者となり、これが南都六宗に準じる(日本の天台宗の開宗)。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

最澄の名言集

一燈照隅 万燈照国
(いっとうしょうぐう
ばんとうしょうこく)


<意味>

一人ひとりが
自分の身近の一隅を照らす。

それだけでは
小さいあかりかもしれないが、
その一隅を照らす人が増えていき、
万のあかりとなれば、
国全体を照らすことが出来る。

忘己利他
(もうこりた)


<意味>

好事を他に与え、
悪事を己に向ける。

己を忘れて、
他人を利を考える。
これが慈悲の極みである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


スポンサーリンク



バックナンバー


ページトップに戻る