ジョージ・エリオットの名言

ジョージ・エリオットのプロフィール

ジョージ・エリオット
書籍一覧

ジョージ・エリオット(George Eliot/1819年11月22日-1880年12月22日/女性)は、イギリス・ウォリックシャー出身の女流作家。本名は「メアリー・アン(Mary Anne/Mary Ann)」または「[マリアン]・エバンス([Marian] Evans)」。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「エイモス・バートン(Amos Barton)」「アダム・ビード(Adam Bede)」「フロッス湖畔の水車小屋(The Mill on the Floss)」「サイラス・マーナー(Silas Marner)」「ロモラ(Romola)」「ミドルマーチ(Middlemarch)」「ダニエル・デロンダ(Daniel Deronda)」などがある。

ジョージ・エリオットの名言集

なりたかった自分になるのに、
遅すぎるということはないの。

何事も実現するまでが、
一番楽しい。

もっとバラの花が欲しければ、
もっとたくさんのバラの木を植えなさい。

愛されるだけでは物足りない。
愛の言葉もかけてほしい。

静寂の世界は、
お墓の中で十分に味わえるのだから。

自分のためだけに
心の狭い楽しみを、
ひたすら追い求めた結果訪れる幸福は、
次元の低い幸福だけです。

広い考え方を持ち、自分ばかりでなく、
世の中の他の人々にも関心を示してはじめて、
大いなるものと歩調を共にするような、
次元の高い幸福を手にすることができる。

しかめっ面をすれば
しわが出来ますが、
微笑めば友達が出来ます。

臆病者は、勝つとわかっている
戦いしかできません。

ですがどうが、負けると知りつつも
戦える勇気をもってください。

時に、勝利よりも価値のある
敗北というものがあるのです。

自分の仕事が
最高と思えたら、
成功です。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る