六韜の名言

六韜とは?

六韜
書籍一覧

六韜(りくとう)は、「文韜」「武韜」「龍韜」「虎韜」「豹韜」「犬韜」の6巻60編から構成される中国の代表的な兵法書(兵法の代表的古典「武経七書」のひとつ)。周の軍師「呂尚(りょ しょう)」が周の文王・武王に兵学を指南する形で書かれた書物であり、特に「虎韜」は兵法の極意として知られ、「虎の巻(意味:門外不出の秘伝が書かれた書)」という慣用句の語源にもなっている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

訳書

主な訳書に「六韜(訳:林富士馬)」などがある。

六韜の名言集

勇気のある将に対しては
誰も軽々しくは扱えない。

知恵があったら上手に処置していくから、
誰もが侮らずに従う。

仁があれば、部下に対して公平であり、
皆は心から従う。

そして部下を信頼したなら、
それに応じるために部下は力を尽くす。

また、心に思うことと
口に出すことが同じで「忠」だったら、
部下は裏切るということがない。


<原文>

「勇・智・仁・信・忠」

(「六韜」の五材)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る